倒産危険度ランキング#7
Photo:kieferpix/gettyimages

悪化度ワースト3を検証
有利子負債が膨張 赤字幅拡大も響く

 倒産危険度の悪化が激しかったのは、最新版のランキングでもワースト10に入った会社が多かった。悪化度50位以内に、7社もランクインした。

 前年と比べ倒産危険度(Zスコア)が悪化したワースト3は、新都ホールディングス、小僧寿し、エディア。3社は最新版ランキングでもワースト10入りしている。3社には共通の要因がある。最も影響が大きかったのは有利子負債の膨張だ。4.5~37.6倍に増え、Zスコアが跳ね上がった。税引き前損益の赤字幅拡大も響いた。内部留保のマイナス金額も大きくなり、悪化の深刻化につながった。

再建計画を発表する千代田化工建設の山東理二社長 Photo:Kyodonews

 4位の千代田化工建設は、米液化天然ガス(LNG)プロジェクトで巨額損失を計上し、2019年3月期連結決算で債務超過に陥って、Zスコアを悪化させた。5月9日には山東理二社長が会見を開き、三菱商事や三菱UFJ銀行から総額1800億円の投融資を受ける再建計画を発表した。

 16位のレオパレス21は、アパートの施工不良問題で損失引当金が膨らみ、純損益が大幅な赤字に転落。既に調査を終えている物件のうち8割弱で不備があり、Zスコアのさらなる悪化が懸念される。