ポタフェス 2019夏

 2019年7月13日と14日の2日間、東京・秋葉原のベルサール秋葉原で開催中の「ポタフェス 2019 夏」。会場で取材中のAVライターの野村ケンジ氏に、絶対聴いておきたいと思える新製品をピックアップしてもらった。会場に脚を運ぶ機会がある人はぜひ参考にしてほしい!

S'NEXTブース「Questyle QPM」 (参考出品)

 ヘッドホンアンプ部の質の高さで定評あるQuestyleより、新しいポータブルデジタルオーディオプレーヤー(DAP)が急遽参考出品された。日本国内では初お披露目となる。4.4mmランス接続端子を搭載したほか、ヘッドホンアンプ周りを一新。本来の力強さを保ちつつ、一段とピュアな心地よいサウンドを聴かせてくれるようになった。発売日は未定。

ポタフェス 2019夏
ポタフェス 2019夏
ポタフェス 2019夏

ZEENY TWS(完全ワイヤレスイヤホン)

 ウェアラブルデバイスとしての機能性を充実させた完全ワイヤレスイヤホン。SNSメッセージのコメントを読み上げてくれるほか、楽曲のタイトル/アーティスト名を読み上げてくれるのもうれしい。ちなみに、読み上げの声はどことなく機械音声っぽさが、かえってかわいげがあるように感じられて好印象を持った。

ポタフェス 2019夏
ポタフェス 2019夏
ポタフェス 2019夏

ゲート「MUIX MX100」 (参考出品)

 MUIXブランド初の完全ワイヤレスイヤホン。低価格モデルでありながら、直径7mmのダイナミック型ドライバーを搭載するなど音質にこだわった作りに仕立てられているのが特徴となっている。肝心のサウンドはというと、「切れがよくメリハリのしっかりしたキャラクター」にまとめられている。ノリのよい演奏が楽しめる。

ポタフェス 2019夏
ポタフェス 2019夏

エミライブース「Fiio M5」(参考出品)

 FiiO製プレーヤーのなかでも末弟に位置するエントリーモデルが登場。マーブルガムの箱と大差ないくらいの、かなりコンパクトサイズにまとめられていてるのが特徴となっている。とはいえ、ハイレゾ音源は、PCM:最大384kHz/32bit(ネイティブは24bit)、DSD:最大5.6MHzまで対応、BluetoothはaptX HDコーデックなどにも対応するなど、上位機種に遜色のない充実したスペックを誇る。シャンリン「M0」が先駆者となる超小型&ハイレゾ対応DAPの世界に、新モデルが登場したのはうれしい限り。今夏発売予定(8月末~9月上旬)。発売が楽しみだ。

ポタフェス 2019夏
ポタフェス 2019夏

ナイコム「RHA T20 Wireless」

 RHAの人気カナル型イヤホン「T20」をネックバンド型のBluetoothイヤホンにした、ワイヤレスモデル。Bluetoothレシーバーなどを内蔵したネックバンド部とイヤホン本体とはMMCX端子で接続している。もちろんメーカーの保証はないものの、T20以外の(MMCX端子採用)イヤホンをワイヤレスイヤホンとして楽しむこともできる。ネックバンド部のアンプ出力も良好なので、いろいろなイヤホンと組み合わせて使いたくなる製品だ。

ポタフェス 2019夏
ポタフェス 2019夏

バリュートレード「AVIOT TE-BD21f」

 完全ワイヤレスイヤホンとしては「世界初」となる、ドライバーのハイブリッド構成を採用したモデル。ドライバーはBA型が2基、ダイナミック型が1基という構成。筐体サイズに制約があり、イヤホン本体にバッテリーやアンテナも搭載しなければならないため、音質的にも厳しい環境となりがちな完全ワイヤレスイヤホンとは思えない、解像度感の高さやダイナミックな抑揚表現など、深みのある豊かな表現力持つのが特徴となっている。「サイコパス」常守朱(CV.花澤香菜)のボイスアナウンスが採用されたピエール中野(凛として時雨のドラマー)モデルもラインナップされる。7月発売予定。

ポタフェス 2019夏
ポタフェス 2019夏

DUNU「DM480」

 イヤモニライクな耳かけ型筐体を採用するモデル。ドライバーはダイナミック型が搭載されている。筐体は作りがよく、8000円程度という予定価格を上まわる上質感が感じられる。着脱式となるケーブルは、2pinコネクタが採用されている。実際の音はというと、自然な広がり感と、中域がしっかりと届いてくるバランスの音色が特徴。ただし、試聴機が最終ではないため、高域にチリチリした音が残っている。このあたりは製品版で改善される予定とのこと。

ポタフェス 2019夏

スカルキャンディー「INK'd+」

 スカルキャンディのエントリークラス、カナル型イヤホン。ワイヤレスモデルもあるが、有線モデルがおすすめだ。1800円程度という価格からは想像できないフォーカス感の高さや音の伸び、声の自然さなど、とてもまとまりの良いサウンドを聴かせてくれる。尋ねたところ、ドライバーもイヤホン本体も新設計とのこと。従来機は、米国でかなりの台数を売ってきたが、こと音質面では大きくグレードアップした、良好な製品だ。

ポタフェス 2019夏

SOUL「ST-XX」

 SOULが新しくリリースした、エントリークラスの完全ワイヤレスイヤホン。7月14日発売で、できたてほやほやの新製品だ。6000円台のリーズナブルな価格設定ながらも、外音取り込み機能を持つなど、使い勝手のよい内容にまとめられている。実際に試してみたところ、かなりの悪環境となるポタフェス秋葉原の会場でも、まずまずの接続性を示してくれた。音質的には、聴きやすい自然な音色傾向をもつ。

ポタフェス 2019夏
ポタ研 2019 夏