新しいTwitterは何が変わった?
PCブラウザー版の新機能をチェック

 7月16日に、おもにPCブラウザー向けとなるデスクトップ版Twitterが新デザインへと切り替わった。大きな変更点はデスクトップ版では初搭載のマルチアカウントやブックマーク、ダークモードといった新機能の追加と、デザインや細かな使い勝手の改善だ。

 この連載では、2019年版とも言える新しいデスクトップ版Twitterの新機能の紹介や、Twitterをより便利かつ安全に活用する方法を紹介していく。

新しいTwitterはどこが変わった?

 まず、PCブラウザー向けのTwitterのUIについてチェックしていこう。大きな違いとしては、左のメニューと中央のタイムライン、右のトレンドという3ペイン表示になっている。

201908twitter
すでに多くの人が使っているであろう、新しいデスクトップ版Twitter

 また、ホーム画面から画面左上のプロフィール情報がなくなった。外での作業中などに、他人に画面をチラ見してもアカウント名がわからなくなっている。

 左のメニューは新機能の「ブックマーク」や、以前はアクセスしづらかった「リスト」へアクセスしやすくなっている。「設定とプライバシー」といった細かな機能については、左メニューの「もっと見る」からアクセスする。

201908twitter
左のメニューに新機能「ブックマーク」や「リスト」が追加、使いやすくなった

 もうすこしメニューを深くチェックしていくと、「DM(ダイレクトメール)」や「設定とプライバシー」は、中央と右の画面を有効に活用することで一覧性を高めている。PCならではの画面の広さを活用した使いやすいデザインだ。

201908twitter
DMは送受信する相手やメッセージを一覧しやすくなった
201908twitter
プライバシーと設定は、階層を一覧できどの内容を変更しているのか一目でわかる

 新しいTwitterは基本的に以前の不満点を解消して、今どきの使いやすさを実現できると考えていいだろう。筆者の個人的な不満点は、リストの「作成済み」と「保存済み」が別のタブに分かれてしまい、保存済みのリストを利用しにくくなった点ぐらいだ。このほかにも改善点や追加機能があるので、それらについては次回以降に紹介していく。

 では、新機能のマルチアカウントの使い方と注意点を見ていこう。

複数のアカウントを利用可能に「マルチアカウント」

 マルチアカウントは、複数のTwitterアカウントを切り替えて利用できる機能だ。すでにスマホ向けアプリには搭載済みの機能だが、ようやくデスクトップ版にも搭載された。

 おもな使い方として考えられるのは、個人の付き合いや趣味、仕事関係向けなどで複数のTwitterアカウントを使い分けているユーザーが、同じブラウザー上で再ログインの手間なしにアカウントを切り替えて投稿・閲覧するといった用途だ。

 アカウントの追加は、左メニューの「もっと見る」から、アカウント情報の左の「+」または「…」アイコンをクリックして追加する。「もっと見る」の画面にアカウントのアイコンが追加されるので、クリックすれば切り替える。すでにスマホ向けTwitterアプリで複数のアカウントを登録しているユーザーなら、すぐに利用できるだろう。

201908twitter
左メニューの「もっと見る」から、アカウントの追加や切り替えが可能になる

 注意点としては、ホーム画面で現在どのアカウントを利用しているかを判断する方法が、アイコンの違いしかない点だ。デスクトップ版Twitterは画面の色などを変えられるが、この設定はすべてのアカウントで共通なので、画面の色でアカウントを判別することもできない。

201908twitter
201908twitter
Twitterの表示設定は、元のアカウントも追加したアカウントも共通のものが適用される。ホーム画面でどのアカウントを利用しているか判別するには、アイコンをちゃんと確認するしかない

 このため、いわゆる誤ツイート、誤爆をしてしまう可能性がある。もし、誤ツイートが問題になるなど重要なアカウントを運用したい場合は、異なる機器やブラウザー、アプリを使うなど、別の環境を用意したほうが安全だろう。

 ちなみに、アカウントの切り替えは毎回「もっと見る」をクリックしてアカウントのアイコンをクリックする方法しかない。現在、デスクトップ版Twitterのキーボードショートカットにはアカウントの切り替えに関連したコマンドがないので、すばやくアカウントを切り替えたい場合には不便さを感じる。

201908twitter
デスクトップ版では、キーボードショートカットでアカウントを切り替えられない。なお、ショートカット一覧は「Shift+?」で確認できる

 次回は、新機能のブックマークやダークモード、トレンドの設定についてチェックしていこう。