アリババ
アリババの4-6月期決算は料理宅配やクラウドサービスといった不採算の新事業が売上高を押し上げた Photo:Reuters

――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 中国の景気は減速しているが、電子商取引大手アリババグループは問題を回避する方法を見つけている。その方法とは、より小さな貧困都市への浸透だ。

 アリババの4-6月期の売上高は前年同期比42%増と、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスの予想を上回った。売上高を押し上げたのは料理宅配やクラウドサービスなど、利益の出ていない新事業だ。ただ、通販サイト「淘宝網(タオバオ)」や天猫国際(Tモール・グローバル)といった中核事業も売上高が26%増加し、中国の景気減速が個人消費の足かせになった可能性を巡る懸念を和らげた。15日の米株式市場でアリババは取引開始直後に一時5%近く上昇した。