12月3~5日(現地時間)の3日間に渡って開催されている、クアルコム主催の「Snapdragon Tech Summit」。2日目にあたる4日には、Snapdragon 865の詳細なスペックやそれによって実現する機能がお披露目された。

高性能コア×4+省電力4コア×4の構成で、
高性能コアの1つだけ、動作クロックがさらに高い

 Snapdragon 865は、AIの処理能力を大幅に高めているのが特徴。5Gモデムは「Snapdragon X55 5G modem」をサポートし、4Gと5Gで周波数を共用するDSS(ダイナミック・スペクトラム・シェアリング)などに対応する。

11
5Gの進化に合わせ、AI性能を大幅に強化したSnapdragon 865

 SoCのコアとなるCPUには、「Kryo 585」を採用する。Cortex-A77とCortex-A55を組み合わせたオクタコアの構成で、Cortex-A77のうちの1つだけ、2.84GHzとクロック周波数が高いプライムコアとなる。そのほか3つのCortex-A77は2.4GHz。パフォーマンスをあまり必要としない処理を担うCortex-A55のクロック周波数は1.8GHzで、合計8つのコアを内蔵する。

 8つのコアが共通で利用するL3キャッシュは、Snapdragon 855の2倍となる4MBに増やされた。クロック周波数はSnapdragon 855に搭載されていた「Kryo 485」と同じだが、アーキテクチャの改善で、処理能力と省電力性能がともに25%向上しているという。

11
CPUは「Kryo 585」を採用。コア数やクロック周波数はSnapdragon 855と同じだが、処理能力は25%向上

ゲーミングスマホ用に144Hzのリフレッシュレートに対応
さらなる高速連写や8K動画撮影に対応したISPも

 GPUには「Adreno 650」を採用する。こちらは、グラフィックスのレンダリングが25%高速化しつつ、電力効率も35%改善しているという。ディスプレー処理も強化されており、ゲームではローカルトーンマッピングの利用が可能になる。また、GPUのドライバーは、グーグルとの協業により、Playストアからのアップデートが可能になったという。ゲーミングスマートフォンへの採用も想定しており、144Hzのディスプレーもサポートする。

11
GPUは「Adreno 650」を採用する
11
11
144Hzのディスプレイ対応や、Playストアでのドライバー更新が可能になる点もGPU周りの新機能

 ISPは「Spectra 480」を搭載。5Gに対応し、より高解像度の写真、動画が撮影されることを意識した設計になっており、秒間2ギガピクセルを処理できる。クアルコムのシニアバイスプレジデント、キース・クレッシン氏によると、64メガピクセルの写真を1秒あたり30回撮影できるという。

 クレッシン氏が「クロックを上げただけでなく、パイプラインを再設計した」と語っていたように、クロックあたりのピクセル数は、Snapdragon 855比で4倍に向上した。8Kでのビデオ撮影や、DOLBY VISIONでの撮影に対応しているのも、Spectra 480の特徴だ。

11
ISPは「Spectra 480」。カメラはスマートフォンで重視される機能なだけに、説明にはCPUやGPU以上の時間が割かれた
11
11
8Kでの動画撮影や、DOLBY VISIONでの撮影が可能になる

クアルコムも重視するAIエンジンは第5世代に
英語→中国語のリアルタイム翻訳をデモ

 こうしたスペック向上以上にクアルコムが強調したのが、「第5世代AIエンジン」だ。Snapdragon 865には、DSPの「Hexagon 698」を搭載しており、この処理能力が大幅に向上。Tensorアクセラレーターを刷新し、ニューラルネットワークの処理能力を強化した。

 Hexagon 698は、TOPSが4倍に、省電力性能も35%向上しているという。クアルコムのAI処理は、CPU/GPU/DSPを最適に使い分ける「ヘテロジーニアスコンピューティング」を売りにしているが、それぞれの機能が強化された結果、第5世代のAIエンジンでは、Snapdragon 855の2倍になる15 TOPSを実現した。

11
11
「Hexagon 698」を搭載し、AIエンジンは第5世代に進化

 AIの処理能力を強化したことで、さまざまな機能がクラウドを介さず、端末上で実現できるようになるという。こうした実例の数々は、バイスプレジデントのジアッド・アスガー氏が紹介した。

 Pixelシリーズに搭載されている音楽認識機能はその一例。クラウドに接続せず、高速かつ省電力に曲名などを表示できるようになる。音声認識したものを文字にしつつ、それを別の言語に翻訳することも端末の処理だけで実現する。

11
11
楽曲や文字の認識も、デバイス上で完結する

 基調講演では、壇上で実際に話された英語を文字にしつつ、それを中国語に翻訳するといったデモを披露。ほぼリアルタイムに英語が中国語になる様子がスクリーンに映され、会場からは驚きの声があがった。

 また、ISPのSpectra 480と第5世代AIエンジンを組み合わせることで実現する機能の一例を紹介するため、モルフォの米国子会社でバイスプレジデントを務める鳥原英俊氏が登壇。髪の毛や肌、眉毛などの写されたものの“意味”を認識し、それぞれに最適な処理をかける「セマンティックセグメンテーション」が披露された。

11
英語から中国語へのリアルタイムに近い翻訳が披露された
11
Spectra 480とAIエンジンの組み合わせで、被写体の意味を認識し、最適な処理を施すことができるようになる

 AIの処理能力に関しては、過去に出荷されてきたSnapdragonはもちろん、競合他社を上回っていることが強調された。基調講演で示されたデータによると、1秒間の演算回数は、Snapdragon 845が3TOPSだったのに対し、Snapdragon 855では2倍強の7TOPSに強化されたが、Snapdragon 865はさらにその2倍強にあたる15TOPSを実現した。企業名は伏せられていたが、アップルやファーウェイ(ハイシリコン)との比較でも、ピークパフォーマンスや省電力性能で勝っているという。

11
Snapdragon 845比で5倍、855比で2倍の演算回数を実現
11
11
ピーク性能や省電力性能は、競合と比べても高いという

 Snapdragon 865では、超音波センサーを使った指紋認証機能も「3DSonic Max」に進化。認識できる範囲が17倍に広がり、高速化も実現している。指紋認識が可能な面積が広がったことで、2本指での認証にも対応。クアルコムによると、よりセキュリティーの強度を高めたいときのオプションとして、2本の指を利用可能になる。

11
超音波指紋センサーの認識範囲が17倍に広がり、2本指での認証にも対応した