ーチューブで日常を流すだけの「ルーティーン動画」が人気
ユーチューブで日常を流すだけの「ルーティーン動画」が人気(写真はイメージです) Photo:PIXTA

ユーチューブ(YouTube)で新しい動画ジャンルが流行している。「ルーティーン動画」だ。その内容は、主役となるユーチューバーの日常生活を流すだけ。いったいなぜそれがヒットしたのか。ルーティーン動画がウケる理由を考えたい。(取材・文/フリーライター 有井太郎)

300万回再生を超える動画も
ユーチューブの新たなトレンド

 ユーチューブは、数々の動画コンテンツの流行を生んできた。例えば「キャンプ動画」。お笑い芸人のヒロシを筆頭に、キャンプの様子を淡々と流す動画がヒットし、彼はその領域の第一人者となっている。

 また、最近は動画の視聴速度を速めて見るのも流行っているようだ。ユーチューブは、動画の視聴速度を変更できるが、今はその速度を1.5倍などに上げて、より短い時間で効率的に視聴する人が増えているという。

 電車の移動中にスマホで見るなど、日々のスキマ時間を活用するからこそ、こういった新しい動きが出ているのかもしれない。

 そんな中、またも新しい流行がユーチューブで生まれている。「ルーティーン動画」だ。どんなものかといえば、動画の主役となるユーチューバーの日常生活をひたすら流す。「○○をやってみた」といった企画系でもなければ、キャンプ動画のように特別な環境にいるわけでもない。ただただ、その人の普段の生活を流すのである。