ただし、中間報告には見逃せない一文がある。

 紹介状なしでの大病院受診時の患者による定額負担は、これまでは、まるまる病院の追加的な収入増となり、保険給付や保険料を抑制することにはつながっていなかった。

 この点に関して、中間報告では「増額分について公的医療保険の負担を軽減するよう改める」とされた。

 いきなり大病院を受診する際の患者の自己負担を、国民全体の保険料負担の軽減に充てるためには、医療サービスを提供した対価として病院が受け取る報酬への上乗せとはせずに、あるべき報酬の中に外来受診時の定額負担を組み込む必要がある。

 具体的にどのように見直されるか、注視したい。

(大和総研政策調査部長 鈴木 準)