全米で人気の投資家ブロガーが、10代の娘に向けて書いた『父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え』(ジェイエル・コリンズ著、小野一郎訳)がついに日本に上陸した。アメリカのFIREムーブメントの火付け役となった1冊だ。FIREとは、Financial Independence, Retire Early の略語で、若いうちに経済的自由を獲得して、早期リタイアを実現しようというもの。
原著はAmazon.comで1000以上の評価がつき、星5つ中、平均4.8というハイスコアで、読者の評判はすこぶる高い。今回、日本語版の一部を特別公開しよう。

Photo: Adobe Stock

経済的自立は
引退することではない!

 経済的に自立するといっても、引退後のことではありません。私は働くことが好きで、ずっとそれを楽しんできました。経済的自立とは、選択肢を持っているということです。

 何かあれば「ノー」と言える状態です。「会社に縛られないお金」を持ち、そのおかげで自由であるわけです。

 私は13歳のときに働き始めました。ハエ叩きの訪問販売をしたり、道端に落ちている空き瓶を拾ったりすることも仕事と考えれば、もっと早くから働いていました。働くことは楽しく、報酬をもらうことは喜びでした。

 私は倹約家で、お金が貯まっていくことに夢中でした。もともと倹約が遺伝子に備わっていたからか、16歳になったら赤いオープンカーを買えると母にそそのかされたからかはわかりません。もっとも、16歳になっても車は買えませんでしたが。

 16歳の誕生日の前に父が体を壊し、父の事業も傾きました。私が貯めたお金は大学の学費に消え、経済的に不安定な世界を知りました。オープンカーを買ったのはずっとあとのことです。

 今でも、20年間働いた人が失業し、直ちに破産するのを見ると、心が痛みます。こんなことがあってよいものでしょうか。お金について学んでいないから、そんな結果を招くのです。