竜有為さん
感染が心配だが生活費のためにコンビニで働いている竜有為さん(撮影:史涵)

感染の不安を抱え
コンビニで働く

「コンビニでのアルバイトは、いつコロナに感染するかわからない怖さがあります。でも生活のためには、やめるわけにはいきません」

 そう話すのは都内の大学院に通う竜有為さん(24)。

 緊急事態宣言が発令された4月7日、コンビニの店長からLINEが入った。

「この状況で、もし働けなくなったら申し出てください。問題ないようでしたら、このままシフトを組みます」

 迷いはあったが、アルバイトは続けることにした。