AO・推薦入試必勝法&21年入試研究 予告編
Illustration by Yuuki Nara

大学入学者の半数がAO・推薦入試を利用する時代に突入した。本特集では、関東の人気私立大学群の「MARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政)」、関西の人気私立大学群の「関関同立(関西・関西学院・同志社・立命館)」をはじめ、難関大学のAO・推薦入試対策を徹底的に研究、「狙い目の大学」から「受かる志望理由書の書き方」までを大公開。さらに、迷走する大学入試改革の行く末についても実情を取材した。4月27日(月)から5月5日(火)までの全9回でお届けする。(ダイヤモンド編集部)

#1 4月27日(月)配信
AO・推薦入試の合否を分ける「4つのポイント」、専門塾の塾長が解説

AO・推薦入試必勝法&21年入試研究#1
Illustration by Yuuki Nara

 年々増加しているAO・推薦入試。大学によってその名称は異なるが、「AO」「自己推薦」「公募推薦」は、選抜方法はおおむね同じで、「志望動機」が合否を分ける大きなポイントになる。具体的な合格テクニックや実際の試験の様子を、推薦入試専門塾とAO入試合格者に聞いた。

>> 記事はこちら

#2 4月27日(月)配信
現役東大生3人が激白!「私はこれで東大推薦入試に合格しました」

AO・推薦入試必勝法&21年入試研究#2

 2016年度から東京大学が導入した推薦入試。東大の推薦入試はやっぱり一味違うのか?いつから準備したのか?何を勉強したのか?合格者3人に集まってもらい、その実態を聞いた。

>> 記事はこちら

#3 4月28日(火)配信
大学の指定校推薦入試対策が、中学時代の「高校選び」から始まる理由

AO・推薦入試必勝法&21年入試研究#3
Illustration by Yuuki Nara

 指定校推薦とは、大学側が指定した高校に推薦枠を与える制度。合格率は「ほぼ100%」ともいわれるだけに、万全な対策を立てて臨むことが重要だ。高校3年生から対策を立てても遅い。

>>記事はこちら

#4 4月28日(火)配信
AO・推薦入試の光と影を検証、金持ちに有利?学力不足でも合格できる?

AO・推薦入試必勝法&21年入試研究#4
Photo:PIXTA

 増加傾向にあるAO・推薦入試だが、一方で合格者の傾向に対する批判も多い。AO・推薦入試のメリットとデメリットを検証した。

>>記事はこちら

#5 4月29日(水)配信
MARCH「AO・推薦入試」攻略法!早慶向け志望理由の使い回しがNGな理由

AO・推薦入試必勝法&21年入試研究#5

 現役志向の高まりで、関東の人気私立大学MARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政)の推薦入試にチャレンジする受験生も増加傾向にある。これらの大学のAO・推薦入試はどんな問題が出されるのか?その対策は?過去問も掲載しながら解説する。

>>記事はこちら

#6 4月30日(木)配信
関関同立に内部進学!王道から「お得」な狙い目まで付属・系列校ガイド

AO・推薦入試必勝法&21年入試研究#6

 関西の人気私立大学である関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)は、中高一貫の付属・系列校も多く、一般入試以外の入試形態では、内部推薦が多くを占める。その中で特に狙い目なのは、中学の偏差値がそれほど高くないのに大学への内部進学が可能な「レバレッジ度」の高い付属・系列校だ。

>>記事はこちら

#7 5月1日(金)配信
大学入試改革が迷走しても「英語4技能試験・記述式問題」は増える理由

AO・推薦入試必勝法&21年入試研究#7
Photo:PIXTA

 AO・推薦入試の志望者が増加した大きな要因は、2021年度の入試から開始される共通テストへの不安だ。柱だった英語の民間試験採用と記述式の導入が見送られ、入試改革はどうなるのか。

>>記事はこちら

#8 5月2日(土)配信
センター試験の後継「共通テスト」8つの特徴!英語の配点、会話形式…

AO・推薦入試必勝法&21年入試研究#8
Photo:PIXTA

 2021年度入試から始まる共通テストは、これまで行われていたセンター試験と比較して、配点や出題形式に大きく異なる点が出てきそうだ。英語と数学の試験問題を例に詳しく解説していく。

>>記事はこちら

#9 5月3日(日)配信
「A判定だったのに不合格」私立大の不合理な定員厳格化が生む悲劇

AO・推薦入試必勝法&21年入試研究#9
Photo:PIXTA

 文部科学省が私立大学に求めた定員厳格化は、大都市圏に住む受験生の大都市圏の大学への入学比率を減らし、地方大学への入学比率を増やそうとする地方創生の観点から打ち出された。その結果、何が起こったか。

>>記事はこちら

Key Visual by Tatsuya Hanamoto

*記事のタイトル、内容、公開日は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。