☆たった2ヵ月で、体重12kg、ウエスト13cm、太もも10cm減!(47)
☆13kg減で同僚の“扱い”が劇変!“美魔女コンテスト”ファイナリストに!(54)
☆食事制限なしで12kgダイエットにラクラク成功したパティシエ(55)
☆歩き方を変えただけで、なんで、私が、“美魔女コンテスト”グランプリ!?(43)
☆座り仕事でも、お尻が1個分上がった、元ナンバーワンホステス(36)
☆遺伝とあきらめていた「О脚劇的改善」であこがれのモデルに!(31)
☆80代でもウエスト7cm減!(80) 30代~80代まで、アンビリーバブルな劇的変化を可能にしたのが「やせる3拍子ウォーク」という新メソッド。
開発者は、ウォーキングスペシャリストとして6万人を指導してきた山口マユウ氏だ。
やり方は極めてシンプル! 3歩目の歩幅を広げるだけ! しかも、ムリな食事制限は一切なし!
家で・テレビを見ながら・通勤通学・仕事中にできるという「3拍子ウォーク」。
はたして、本当なのか? 女優やモデルだけでなく、一般人を数々のコンテストの「グランプリ」や「ファイナリスト」に育成する手腕が今、注目されるマユウ氏。
その大人気講座を一冊に凝縮した、初の著書『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク』が、発売たちまち話題となっている。アマゾン、楽天などでも完売が相次ぎ、重版が決まった。本連載も55万PV(ページビュー)を突破した。
“コロナショック”で家に閉じこもりがちな人も、さすがに「下腹」が気になってきたかもしれない。
6万人を変えたマユウ氏のメソッドは、「自粛太り」にも効果を発揮するのか?
体力がなく、運動嫌いの女性ライターが、その実験結果を報告する。

Photo: Adobe Stock

在宅ワークで「自粛太り」!
どう解消する?

体が“化石”になってしまいました。
理由は単純で、在宅ワークでほとんど家から出ない生活を続けているからです。

打ち合わせは基本的にオンライン、友達と飲みにいくことも遊びにいくこともない。
出歩く機会といえば日用品の買い物くらい。

そんな生活を続けていたところ、体に驚くべき変化が訪れました。

とにかく体が今までのようにうまく動かないのです。

肩はガチガチに固まって動かないし、ずっと座っていたせいか腰がとにかく痛む。ストレッチをしようと前屈しても体が曲がらない。

そう、まさに化石のように動かなくなり、顔もむくみ、体重もじわじわと増えつつあります。

これはまずいと危機感を覚えた4月上旬から、私はいろいろな運動にチャレンジしてみました。

いろいろと試す中で効いたもの・効かなかったものが明確になってきたので、今回はそれをご紹介しようと思います!