空き家・実家の片づけ#1
Illustration:filo/gettyimages

いまや全国に空き家は850万戸。将来的には4戸に1戸が空き家になるという。だが、なぜ空き家は放置されるのか。特集『空き家・実家の片づけ 完全マニュアル』#1では、将来空き家化が進む危険性の高いエリアと、深刻化する空き家問題について解説する。

「週刊ダイヤモンド」2020年5月2日・9日号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は雑誌掲載時のもの。

全国に空き家は850万戸
高齢化で深刻化する空き家問題

 ドアを開けると、玄関の上がり框までいっぱいにあふれた靴やビニール傘――。元は普通の3LDKマンションだったはずのその部屋だが、床は全く見えず、うずたかく積み上げられたごみの山が層を成していた。

 東京都江戸川区に住む佐藤美穂さん(仮名・43歳)は、不仲だった父親と縁が切れて10年以上たっていた。不動産投資に失敗した父は借金返済ができなくなり、自宅を住み替えたというところまでは聞いていたが、その後どこに住み、どんな暮らしをしているのかは全く知らなかった。自宅で亡くなっている父が発見されたと連絡してきたのは、父が住むマンションの管理人だった。