ニッポンなんでもランキング
写真はイメージです Photo:PIXTA

今回で4年目となる恒例の好評企画「40歳年収が高い企業ランキング」。全上場企業を対象として、独自に「40歳時の年収」を推計し、その結果をランキング形式で大公開します。今回は読者のリクエストにお応えし、本編では収録しなかった従業員100人未満の企業のランキングをお届けします。(ダイヤモンド編集部副編集長 鈴木崇久)

読者のリクエストに応えて作成した
「40歳年収が高い企業ランキング」番外編

「役員から、『うちの年収は高いはずなのに、なぜランキングに載っていないのか』と聞かれていまして……」

40歳年収が高い企業トップ1000社ランキング【2020年版】』を配信した後、ある大手金融機関からそんな問い合わせが入りました。

 役員の方に気にしていただけるとは光栄なお話。早速基データに当たって調べてみたところ、理由が分かりました。その企業は従業員が100人未満だったのです。

 詳細なランキング作成方法は後述しますが、「本編」である「40歳年収が高い企業ランキング」ではデータの「クセ」を極力取り除くため、従業員が100人未満の企業をランキングから除外して作成しています。

 持ち株会社をはじめとして、有価証券報告書(有報)の提出会社となっている企業の中には、経営企画や人事系など少数の幹部社員しか在籍していないところがあります。その結果、有報に記載されている年収データがその企業の実態よりも高く出てしまう恐れが出てきます。

 そうしたデータと実態の間に生じる“誤差”をなるべく排除しようということで、従業員が100人未満の有報提出会社はデータ処理の段階で除外しているのです。

 ただ、実は似たような問い合わせを去年配信した「40歳年収が高い企業ランキング」のときにも読者の方から頂きました。「TBSやフジテレビみたいな高年収のテレビ局が載っていないのはなぜなのか」という質問でした。

 やはり同じ理由でランキングから除外されていたので上記のような説明をしたところ、「そういう理由があったとしても、注目企業が載っていないのは残念だから次回は載せることを検討してほしい」というご要望を預かりました。

 そうした読者のリクエストに応えるかたちで今回、「40歳年収が高い企業ランキング」の「従業員100人未満編」を作成するに至りました。参考として、従業員100人以上の企業を含めたときの順位が分かるように「全体順位」という項目を加えています。前述したデータの「クセ」を考慮した上でご覧いただければ幸いです。

 では早速、トップ10から発表していきましょう。