カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)の創業者特別顧問・宗次徳二さんと、日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の取締役で、10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談が実現しました。対談第4回目は、「接客」について、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、石崎彩)
(2019年9月に行われた対談をまとめさせていただきました)

接客を一番に心掛け、安易に値下げはしない

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

山下:店舗ビジネスの場合、新しい店舗を出店する際には、オープニングセールをやることが多いですよね。ですが、「CoCo壱番屋」は、そういったことも含めて「値下げ」を絶対にしません。
これだけの規模感(編集部注:2020年2月時点で、直営とフランチャイズ合わせて1487店舗)で展開しているのに、世の中の値下げ合戦に巻き込まれないのはすごいと思います。

宗次:たしかに、これだけの規模の店舗事業で値下げをしない会社は、珍しいかもしれませんね。
ですが、現場主義に立ち戻ると、「適正価格をいただいて売上が伸びる」ことがもっとも健全であると思います。
安易に値下げすると、従業員1人あたりの人時接客数が増えます。従業員に過重労働はさせたくないし、業界水準よりもたくさん報酬を出したい。さらに本部にも利益を確保したい、となると、安易に値下げはできないわけです。
値下げをして客数が増えれば、従業員は忙しくなる。すると、お客様にも迷惑がかかってしまう。「ここは安いから、接客スタイルが甘くてもしかたがない」と納得される方もいると思いますが、接客を犠牲にするのは私の本意ではありません。

山下:社是である「ニコニコ、キビキビ、ハキハキ」にもあるように、接客を一番大切にしていらっしゃいますね。

宗次:そうですね。「ニコニコ、キビキビ、ハキハキ」と体で表現する接客を心掛けています。心の中から感謝の気持ちや向上心、協調性を発揮しようという思いを込めたモットーです。私が退いてから、当時の浜島俊哉社長が社是に格上げしました。この精神を受け継いでくれたことは嬉しかったですね。