Photo:PIXTA

糖尿病は脳卒中後の認知機能に影響を及ぼす

 糖尿病患者は脳卒中の発症リスクが高い。しかし、新たに報告された研究によると、糖尿病の影響は脳卒中発症後にも及び、糖尿病のない人に比べて認知機能が大きく低下する可能性があるという。ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)のJessica Lo氏らの研究によるもので、詳細は「Stroke」5月14日オンライン版に掲載された。

 Lo氏らは、脳卒中後の認知機能について各国から報告された7件の観察研究データを統合して解析し、糖尿病の影響を調べた。対象患者数は合計1,601人、平均年齢は66.0歳で、63%が男性、アジア人が70%、白人が26%、アフリカ系アメリカ人が2.6%。

 糖尿病の有無は空腹時血糖値を基に、36%が糖尿病(主に2型糖尿病)、12%が空腹時血糖異常(糖尿病前症)であり、52%は正常耐糖能と判定された。脳卒中の発症後3~6カ月の間に認知機能検査を施行した。なお、脳卒中のタイプは、14人の出血性脳卒中を除き全てが虚血性脳卒中だった。

 認知機能に影響する可能性のある因子(年齢、性別、BMI、喫煙、民族、教育歴、病変部位、脳卒中の既往、高血圧、心房細動)で調整後に、正常耐糖能者を基準として比較すると、糖尿病患者は認知機能の指標が59%有意に低く、注意・情報処理速度、記憶、言語スキル、知覚運動スキル、実行機能などにも有意差が見られた。一方で、糖尿病前症該当者はいずれの認知機能についても、正常耐糖能者と有意な差がなかった。

 米国心臓協会(AHA)のスポークスマンで米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院の心臓病予防部門長であるJorge Plutzky氏は、この研究には関与していないが、「糖尿病のある脳卒中患者を糖尿病のない患者と同様に扱うべきでない、という考え方を補強するエビデンスだ」としている。また、この研究では糖尿病前症でのリスク上昇が認められなかったが、血糖値が正常より高いことは要注意だとし、「心血管イベントに関しては、血糖値がやや高い状態もリスクになることが、多くの研究から示されている」と語っている。