コロナ並みの最悪シナリオに対応できる「事業計画」の鉄則とは
事業計画の見直しで気を付けるべきポイントとは? Photo:PIXTA

ウイズコロナ時代の
「事業計画」の作り方

小宮一慶・小宮コンサルタンツ代表
小宮一慶
小宮コンサルタンツ代表

 前回は新型コロナウイルスの世界的な流行によって、企業規模を問わず、多くの企業が事業計画の見直しを迫られているという話をしました。そこで今回は、ウイズコロナ、ポストコロナ時代の事業計画の作り方についてお話ししたいと思います。

 ウイズコロナやコロナ収束後のポストコロナの時代にあっても、事業計画の立て方の原則は変わりません。事業計画の根本にあるのは会社の心の支柱である、ミッション(使命)、ビジョン(将来構想)、理念(行動規範)です。まず、ミッションにより自社が何のために存在しているのかを明確にし、ミッションを元に将来構想としてビジョンを描き、行動規範となる理念を根本に据えて、経営計画を立てなければなりません。「お客さま第一」を標榜しているのに、「お客さまそっちのけ」の数値目標だけの計画を立てては、社員も付いてきませんし、もちろん、お客さまにも評価されませんから、うまくいかないのは明らかです。

 その次に必要なのが「外部環境」分析と「内部環境」分析です。