酒で気が大きくなる人は
2次会まで我慢する

 第二のタイプは、声が大きくなる、気が大きくなる、態度が大きくなる、といったお酒がポンプのように何かを膨らませるタイプ。

 普段はお伺いを立てるような態度なのに、お酒を飲むと断言口調で物事を決めつけ、ウエイターやバーテンに威張り散らし、身の丈に合わないこともしてみたくなるような人だ。

 これはキャバクラでは、気が大きくなってシラフではとても払わない金額のボトルを卸したりするので悪いことばかりではないが、恋人や友人、部下からの心象は死ぬほど悪い。そして、そこら中にいる、マジョリティータイプでもある。

 このタイプの特徴を経験的に考えると、お酒が割と強い割に、記憶障害につながるタイプが多い。つまり、自分が結構な酒量を飲める体質で、比較的頻繁にお酒を飲んで生きてきて、なおかつ飲んでいる時の記憶が曖昧である場合、普段の自分が予想だにしない姿を晒(さら)している可能性が大いにある。

 酒好きで飲み慣れているのに記憶をなくしがちなら、ほぼ間違いなく、何かしらが大きくなるタイプだと思った方がいい。そもそもその「大きくなる」こと自体を楽しんでいるからこその酒好きである場合も多い。

 正直、このタイプの人たちの多くはお酒でストレスを発散している傾向があるので、お酒をやめろとか、節制しろというのは酷な気がする。

 しかし人望と愛は絶望的に目減りしていき、下手をすれば破産したりパワハラの嫌疑をかけられるので危険度は高い。

 したがって、このタイプの自覚がある場合には、何よりも酒の席と飲む酒・飲む量の使い分けをしてほしいと思う。

 職場の飲み会はビールのみ、異性や家族がいる時は2杯まで、キャバクラやゴールデン街、親友との居酒屋などでのみ本気を出す、とか。

 記憶がないと、失敗を謝ることも自己弁護することもできないので、立場は非常に悪い。やや面倒でも、大人数がいる飲み会や親しいとはいえない人がいる場所ではごく限られた酒量と度数の低い飲み物で時間をやり過ごし、飲みたい気持ちは同期や友人との歌舞伎町での二次会まで我慢するぐらいには気をつけた方がいい。