累計38万部超のベストセラー餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林 總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』が9月29日にダイヤモンド社から発売になります。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキルを身につけていくのか? 川村カノンになったつもりで、本連載にお付き合いください。

Photo: Adobe Stock

企業実体の公準(公私混同を禁じる)

林教授 まずは企業実体の公準だ。一言で言えば、会社とオーナーの家計をハッキリ分けよ、という前提だ。

カノン もう少し簡単に言うと?

林教授 公私混同はしないってことだね。ケーキ店でいえば、店のお金とオーナーの家のお金は別々にしなくてはいけない、ということだ。

カノン つまり、家族との食事代を会社につけてはいけないということですか。

林教授 そうだね。会計は公私混同を禁じているんだ。君の会社は大丈夫だよね。

カノン ちょっと心配です。