「子ども靴だけではない」
ブランド認知への奥の手は

「中国人ママインフルエンサー」の李佳霖さん

 数年前、中国のママたちの間で、日本の某ブランドの「子ども靴」が大人気になったことがある。デザインが可愛いし、履きやすく、作りもしっかりしていた。何よりも中国では、「日本製は信頼の証」ということもあって、瞬く間にブームとなったのである。

 しかしそのブームを見て、この靴を製造しているブランド側は複雑だった。実は、彼らが中国市場向けに販売しているのは靴だけではない。子ども服もあれば、下着、帽子やバッグもある総合アパレルブランドなのだ。しかし、中国のママたちの間ではいまいち認知されていなかった。「子ども靴」の強烈なイメージがあるせいか、「子ども靴のブランド」だと誤解されてしまっていたのだ。

 中国のママたちに、自分たちの正しい姿を知ってもらいたい――。そこでこのブランドが協力を依頼したのが、「中国人ママインフルエンサー」として知られる李佳霖さんだった。

 世界最大のネット人口7.21億人を誇る中国では、「網紅」と呼ばれるインフルエンサーが消費に大きな影響を与える。彼らがECアプリ「淘宝網」(TAOBAO)のライブ機能を用いて商品を紹介すると、飛ぶように売れる。わずか5分間のライブで口紅を1万5000本売ったような「網紅」もいるのだ。

 このように中国市場で大きな存在感を示す「網紅」の中で、李さんは「日本の情報を伝える在日インフルエンサー」として知られている。今、日本でどのような化粧品が売れているのか、どのようなライフスタイルが人気なのか、子どもを連れて日本で観光旅行をする際にはどのようなホテルがお勧めなのかなどなど、「中国人ママ」の目線で様々な日本の情報を発信。中国国内のママはもちろん、日本の中国人ママたちから支持を受けて、「微博Weibo」のアカウント「佳霖在日本」のフォロワーは326万人を突破している。

 だが、このブランドが李さんに協力を依頼した理由はそれだけではない。実は彼女は単に自分がインフルエンサーとして活躍するだけではなく、会員数7万人という日本最大級の中国女性コミュニティ「美ママ協会」を立ち上げて代表を務めているからだ。