Photo:HealthDay

新型コロナ、回復者の約17%がウイルスを保持

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から完全回復した患者の17%近くが、ウイルスを保持し続けている可能性のあることが、イタリアで実施された研究から明らかになった。呼吸器症状、特に喉の痛みや鼻炎が続いている人は、追跡検査で新型コロナウイルス陽性を示す可能性が高いという。

 このことは、たとえCOVID-19から回復しても、呼吸器症状を軽視すべきではないことを示唆している。研究の詳細は、「American Journal of Preventive Medicine」9月18日オンライン版に掲載された。