Photo:PIXTA

コロナ禍から企業が復活するのは一体、いつになるのだろうか。上場100社超、30業界を上回る月次業績データをつぶさに見ると、企業の再起力において明暗がはっきりと分かれている。前年同期と比べた月次業績データの推移を基に、「嵐」から「快晴」まで6つの天気図で各社がいま置かれた状況を明らかにする連載「コロナで明暗!【月次版】業界天気図」。今回は、11月度の旅行代理店編だ。

HIS売上高89%超減で暗雲漂う

 旅行代理店の主要3社が発表した11月度の月次業績データ(総取扱高、取扱実績、旅行総取扱高など)は、以下の結果となった。

 11月度の阪急交通社(阪急阪神HD)の総取扱高は、前年同月比48.1%(51.9%減)、近畿日本ツーリスト(KNT-CT HD)の取扱額実績は、同33.4%(66.6%減)だった。

 この2社も前年実績から半減超とかなり厳しい状況だが、さらに深刻なのがHIS(エイチ・アイ・エス)だ。11月度の旅行総取扱高は、前年同月比10.9%(89.1%減)まで落ち込んだ。

(※)旅行業界は業績の発表タイミングが他業界よりも1カ月遅い「翌々月」のため、10月時点の月次業績データを「11月度」と表している。そのため、月次業績データにおける直近3カ月の平均値も9~10月の2カ月の平均値を用いている。