インバウンドはないがアウトバウンドもない

 諸外国での新型コロナの感染状況から考えれば、外国人観光客を受け入れるのは相当先のことであろう。一時期、景気の牽引役であったインバウンドがほぼ完全に消滅したまま戻らないというのは、大きな痛手である。

 しかし、過度な懸念は不要だ。物事には表があれば裏もあるからである。外国人観光客が来ない一方で、日本人の海外旅行も事実上ゼロになっているため、日本人が海外旅行に使う予定だった予算が余っており、しかも楽しいことに飢えているわけだ。

 そうであれば、余った予算の一部は国内旅行に使われるだろうし、国内旅行が戻り切らないとしても「高級食材での家飲み」などの消費が増えるかも知れない。

需要回復まで旅館等を延命させる必要

 上記のように、来年は旅館などへの需要も戻ると期待されるが、問題はそれまでに旅館等が倒産してしまい、需要が戻った頃には肝心の旅館が見つからない、といった事態が懸念されることだ。

 旅館が倒産してしまえば建物は解体されて調度品等が二束三文で投げ売りされるのみならず、ノウハウや信用や顧客リストといった見えない資産が雲散霧消してしまうであろう。これは日本経済にとって大きな損失だ。

 ぜひとも政府が主導して倒産予防のために資金繰りを支援してほしい。大型の景気対策も良いし全国民への10万円の再支給も結構だが、一番資金を必要としているところにピンポイントに資金を行き渡らせることができるのであれば、そちらを優先してほしいのだ。

 企業救済の必要性については、拙稿を併せてご参照いただければ幸いである。

 メインシナリオを上記の楽観的なものとして、リスクシナリオを考えておく必要があることは当然だ。最大のリスクシナリオは、新型コロナウイルスが突然変異して感染力が格段に高まったり強毒化して致死率が大幅に上昇したりすることだ。そうなれば経済に再び強烈な打撃が加わることとなろう。

 まあ、予測できないことは無理に予測しようとするまい。そうなったときへの備えを医療関係者や政府等に期待しつつ、そうならないことを祈りながら、来年が良い年となることを祈りながら本稿を終えることとしよう。

 本稿は、以上である。なお、本稿は筆者の個人的な見解であり、筆者の属する組織等々とは関係がない。