写真:夫婦げんか
写真はイメージです Photo:PIXTA

コロナ禍が猛威を振るった2020年4〜12月の間、窓口に寄せられたドメスティックバイオレンス(家庭内暴力、DV)の相談件数が過去最多になった。その中には、あまり知られていないが、妻による暴力に苦しむ夫のDV被害も含まれている。今回は、妻によるDV被害で職も趣味も失った45歳の男性が絶望した理不尽さをお伝えする。(ジャーナリスト 池上正樹)

コロナ禍の中で
DV相談件数は過去最多に

 新型コロナウイルスの感染拡大の副次的な影響により、体調を崩す人たちが増えている。家庭の中では緊張感が高まり、ストレスになることも多い。

 そんな中で、内閣府によると2020年4月から12月までの間、電話やメールで相談を受ける「DV相談プラス」に寄せられたドメスティックバイオレンス(家庭内暴力、DV)の相談件数は過去最多になったことが明らかになった。前年度より2万8000件余り多い14万7277件に上ったという。

 DVといえば、夫による妻への暴力というイメージが強いだろう。しかし、DV被害の中には、妻からの暴力に遭って「仕事も趣味も辞めざるを得なかった」と訴える夫の被害が含まれているという実態については、あまり知られていない。

 妻からの暴力が原因で、仕事も趣味も辞めざるを得なかったAさん(45歳)は、そんなDV被害者の1人であり、男性向けの支援がない現実に驚愕している。