男性の勃起障害(ED)のリスクを抑制する?地中海式食事療法とは写真はイメージです Photo:PIXTA

 地中海式食事療法には、心臓や血管の健康の維持をはじめとして、さまざまなメリットがあることがこれまでに示されてきた。そして新たに、男性の勃起障害(ED)のリスクを抑制する可能性が報告された。アテネ大学(ギリシャ)のAthanasios Angelis氏らが、欧州心臓病学会(ESC2021、8月27~30日、オンライン開催)で発表した。

 EDの有病率は加齢とともに増加するが、高血圧などの血管にダメージを与える疾患がある場合、そのリスクがより高くなる。高血圧患者のEDリスクは正常血圧者の2倍との報告もある。Angelis氏らは、EDを有する高血圧患者250人(平均年齢56歳)を対象に、地中海式食事療法の順守状況とEDの重症度との関連を検討した。なお、地中海式の食事とは、果物や野菜、全粒穀物、オリーブオイルが豊富で、適度な量の乳製品、卵、魚、鶏肉を摂取し、赤肉はあまり食べない食事スタイルのこと。