経営 X 人事
日本を元気にする経営学教室III
【第13回】 2014年2月12日
著者・コラム紹介 バックナンバー
松尾 睦 [北海道大学大学院教授]

優れたマネジャーになる・育てる(第3回)
マネジャーを育成する仕組み作り
――北海道大学大学院教授 松尾 睦

 別のメーカーの社内大学では、部課長クラスが参加するコース、係長クラスのコース、30歳前後の若手のためのコースというようにレベルを分けている。係長や部課長のコースでは、現在および将来の経営課題へ取り組み、若手対象のコースでは、かつての経営課題に対して、経営目線で取材分析を行うという課題が与えられるという。このように、段階的に変革の経験を積ませることも有効である。

第2のマネジメント:
学習志向を人事制度に反映させる

 マネジャーの成長を促す第2のマネジメントは、目先の成果追求だけでなく、挑戦・好奇心・独自性を重視する学習志向を、採用・教育・評価の中に取り込むことである。

 私は、東京大学准教授の中原淳氏およびダイヤモンド社と共同で、WPLという職場学習診断ツールを開発したが、この中には学習志向を測定する質問項目が含まれている。WPLを導入している某製薬会社の人事マネジャーによれば、職場で伸びている若手社員は、学習志向のスコアが高い傾向にあり、逆に、あまりうまく育っていない若手はこのスコアが低いという。このように学習志向を定期的に診断すれば、教育プログラムを用いて学習志向を高めたり、人材の選抜に利用することができる。

 また、あるメーカーでは、技術者が「やりたい」と手を挙げた研究テーマは、基本的には反対しない方針をとっており、また、果敢な挑戦姿勢が昇格の要件となっている。こうした開発体制によって、研究者や開発者の学習志向(好奇心・挑戦・独自性を重んじる姿勢)を枯れさせない努力をしているのだ。

 企業では短期的な成果に目が行きがちであるが、採用・選抜・教育・評価など、さまざまな人事制度の中に学習志向を組み込んでいくことが、長期的に見て、マネジャーの育成につながるのである。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

松尾 睦 [北海道大学大学院教授]

まつお・まこと 1988年小樽商科大学商学部卒業。2004年ランカスター大学経営大学院博士課程修了。Ph.D. (in Management Learning)。神戸大学大学院経営学研究科・教授を経て現職。


日本を元気にする経営学教室III

【シリーズ「オペマネの思考法」/松尾博文】
オペレーションズ・マネジメント(オペマネ)は欧米のビジネススクールでは必須科目である。オペマネは、製造業とサービス業の事業プロセスを対象とする学問体系で、企業と組織の事業プロセスを中心に、製品、顧客、マーケティング、経営、戦略を考える科目である。本シリーズでは、オペマネの基本的な思考法を解説し、日本の製造業が陥っている問題点の解決策を、事業プロセスの見直しというオペマネの方法論から議論する。簡単な事例、極端な事例、理論と実践を取り混ぜて、論理的に考えるための糧(Food for thought)を提供することを目指す。

 

【シリーズ「カルチャー・トランスフォーメーション」/滝波純一】
企業文化は経営そのものである」というのは、1990年代に瀕死のIBMをよみがえらせたルイス・ガースナーの言葉である。多くの経営者は企業文化が業績に及ぼす影響がいかに大きいか知っている。一方で、企業文化を変革することが、いかに難しいかも、多くの人の知るところである。近年、人事・組織の領域では、日本よりも、海外の方が一歩進んでいると言わざるを得ないのだが、海外では「カルチャー・トランスフォーメーション」として、多くの企業が企業文化の変革に取り組んでおり、そこから有効な方法論も見出されつつある。事業環境が激変する中、日本企業にとっても企業文化の変革は喫緊の課題であり、海外での取組・確立されつつある方法論から学ぶべき点が多いのではないだろうか。本連載では、「カルチャー・トランスフォーメーション」について、紹介していきたい。

 

「日本を元気にする経営学教室III」

⇒バックナンバー一覧