経営 X 人事
日本を元気にする経営学教室III
【第13回】 2014年2月12日
著者・コラム紹介 バックナンバー
松尾 睦 [北海道大学大学院教授]

優れたマネジャーになる・育てる(第3回)
マネジャーを育成する仕組み作り
――北海道大学大学院教授 松尾 睦

第3のマネジメント:
社内の対話を促進する

 マネジャーの成長を促す第3のマネジメント手法は、社内外の上位者やキーパーソンと対話する場を積極的に設けることである。

 中堅IT企業の中には、ランチ代を会社が支給した上で、話をしてみたい役員やマネジャーを社員が逆指名しランチを共にするイベントや、役員と社員がくじを引き昼食をともにするランダムランチを導入している企業がある。

 また、ある飲料メーカーでは、全社的なフォーラムを通して、社内の人材交流を進め、部門連携を推進している。そのきっかけは、生産・物流・営業の各部門間に見えない壁が存在していたためであったという。同社は、この壁を打破するために、自由参加のフォーラムをさまざまな形で定期的に開催することで、部門間の対話を促している。

 上司による支援というと、コーチングや権限委譲ばかりが強調されるのに対し、部門や組織を越えた対話支援に目が向けられていないケースが多い。上述したランチや自由参加のフォーラムは、普段会うことが難しい他部署の同僚や上位者と対話する有効な手段になるだろう。

マネジャーの
体系的な育成システム

 以上の3つのマネジメント手法を踏まえ、マネジャーの育成システムを図式化したものが下図である。ここでは、キャリアをフェーズⅠ(担当者~係長クラス)、フェーズⅡ(課長クラス)、フェーズⅢ(部長クラス以上)に分け、それぞれの段階において、成長テーマ、仕事経験、組織的支援、評価・診断のあるべき姿を明示した。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

松尾 睦 [北海道大学大学院教授]

まつお・まこと 1988年小樽商科大学商学部卒業。2004年ランカスター大学経営大学院博士課程修了。Ph.D. (in Management Learning)。神戸大学大学院経営学研究科・教授を経て現職。


日本を元気にする経営学教室III

【シリーズ「オペマネの思考法」/松尾博文】
オペレーションズ・マネジメント(オペマネ)は欧米のビジネススクールでは必須科目である。オペマネは、製造業とサービス業の事業プロセスを対象とする学問体系で、企業と組織の事業プロセスを中心に、製品、顧客、マーケティング、経営、戦略を考える科目である。本シリーズでは、オペマネの基本的な思考法を解説し、日本の製造業が陥っている問題点の解決策を、事業プロセスの見直しというオペマネの方法論から議論する。簡単な事例、極端な事例、理論と実践を取り混ぜて、論理的に考えるための糧(Food for thought)を提供することを目指す。

 

【シリーズ「カルチャー・トランスフォーメーション」/滝波純一】
企業文化は経営そのものである」というのは、1990年代に瀕死のIBMをよみがえらせたルイス・ガースナーの言葉である。多くの経営者は企業文化が業績に及ぼす影響がいかに大きいか知っている。一方で、企業文化を変革することが、いかに難しいかも、多くの人の知るところである。近年、人事・組織の領域では、日本よりも、海外の方が一歩進んでいると言わざるを得ないのだが、海外では「カルチャー・トランスフォーメーション」として、多くの企業が企業文化の変革に取り組んでおり、そこから有効な方法論も見出されつつある。事業環境が激変する中、日本企業にとっても企業文化の変革は喫緊の課題であり、海外での取組・確立されつつある方法論から学ぶべき点が多いのではないだろうか。本連載では、「カルチャー・トランスフォーメーション」について、紹介していきたい。

 

「日本を元気にする経営学教室III」

⇒バックナンバー一覧