会社という枠組みは、
もう古いかもしれない

杉本 本にも書いたように、僕自身は前の会社を潰してたくさんの方に迷惑を掛けました。その十字架は一生背負っていかなきゃいけないと思っています。堀江さんも「ゼロ」になる経験をして、リスタートについてはどう思いますか?

堀江 会社が潰れるのは大変なことだけど、うまくいかなくなったらリセットしたほうがいいとも思いますね。繰り返しになるけど、僕にとって会社はやりたいことをやるための装置なんで、愛着とかないんですよ。

杉本 そのあたり、堀江さんははっきりしてますもんね。

堀江 だって、やりたいことを実現していけるなら、別に会社じゃなくてもいいんだよ。最近僕も始めた「サロン」(ネット上の会員制コミュニケーション組織)もそうだし、ラインのグループでもいいと思う。

杉本 なるほど、僕の場合は会社という組織で、社員と一緒に自己実現を目指しているわけですけど、成長意欲を共有できる人が集まるなら方法論はたくさんあるということですね。

堀江 そうだね。方法論として、株式会社っていうのはもう古いのかも知れないとも思う。たとえば、どこかのブラック企業で、バイトが組合作るとか。待遇に文句あるなら、バイトなんか辞めればいいじゃんと思うよね。ほかにいくらでもバイト先なんてあるんだからさ。ライブドアにしても、事件の後でコンプライアンスがすごく強化されて、残業代を遡って支給するとかしてて。あれこれ考えると、使えない社員に毎月何十万も払うのはバカらしいと思うんですよ。

杉本 会社組織の限界ともいえますね。

堀江 だから、会費を払ってフランチャイジーになって、成功報酬でもいいわけでしょ。株式会社という「箱」の価値はあるだろうけど、そこに従業員をたくさん雇用するっていう、雇用関係が古くなってきているんだろうね。

編集部 そんな堀江さんと杉本さんが、一緒に事業を立ち上げたという話も聞きました。

起業家対談シリーズ第1回 ホリエモン<br />会社とは「やりたいことをやる」装置だ!

杉本 そうなんです。まだ詳細はお話しできないんですけど、このビジネスモデルは面白いと思っています。

堀江 あれ、まだ話せないんだ?

杉本 はい。一応、私が長く身を置いている不動産のビジネスなので。これはまだ公にしないほうがいいと思います。

堀江 僕は「アイデアになんて価値はない」と思ってるから、基本的に思いついたビジネスモデルは話してしまうタイプなんだけどね。

杉本 ともあれ、堀江さんと一緒に作った会社で、社会になにがしかのイノベーションを起こせるといいなと思っています

編集部 新しいビジネスの話を伺えなかったのは残念ですが、これからも、お二人のますますの活躍に期待しています。

杉本 ありがとうございます。楽しかったです。

堀江 ありがとうございました。


【新刊のご案内】
『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』

起業家対談シリーズ第1回 ホリエモン<br />会社とは「やりたいことをやる」装置だ!

早すぎた栄光、成功の罠、挫折、どん底、希望……
「すべての経営者にとっての教訓だ」――藤田晋
「150%の力で走る起業家の現実を読んでほしい」――堀江貴文

起業した会社を上場させ、倒産して地獄を味わい、そこから復活するまでに経験した出来事から、私はたくさんのことを教えられた。 なぜ私は地獄を味わうことになったのか。 なぜ私は復活できたのか。 この5年間の出来事と、私自身が考えてきたことを、正直に書き留めておこうと思う。

ご購入はこちらから!→ [Amazon.co.jp] [紀伊國屋BookWeb] [楽天ブックス]

目次
○プロローグ  ベンチャー経営者であることを
○第1章 絶頂──ワンルーム販売から、総合不動産業。そして都市開発へ
○第2章 暗雲──「傲り」を象徴する出来事が僕を蝕み始めていた
○第3章 地獄──暗闇の断崖を転げ落ちながら必死でもがき続けた
○第4章 奈落──民事再生、自己破産、絶望しそうな淵の底で
○第5章 希望──2年間は修行と決めて真にやりたい事業を見つけ出す
○第6章 感謝──どん底で知った感謝とともに新しい道を歩いていく

 


【編集部からのお知らせ】

堀江貴文著『ゼロ──なにもない自分に小さなイチを足していく

【内容紹介】

起業家対談シリーズ第1回 ホリエモン<br />会社とは「やりたいことをやる」装置だ!定価(本体1400円+税)、46判並製、240ページ、ISBN:978-4-478-02580-2

誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。
失敗しても、またゼロに戻るだけだ。
決してマイナスにはならない。
だから、一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。

堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?
ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。

【本書の主な目次】
第0章 それでも僕は働きたい
第1章 働きなさい、と母は言った──仕事との出会い
第2章 仕事を選び、自分を選ぶ──迷い、そして選択
第3章 カネのために働くのか?──「もらう」から「稼ぐ」へ
第4章 自立の先にあるつながり──孤独と向き合う強さ
第5章 僕が働くほんとうの理由──未来には希望しかない

絶賛発売中![Amazon.co.jp] [紀伊國屋BookWeb] [楽天ブックス]