ハイスペック人材、とくに20代の若きハイスペック人材に共通するテーマ/キーワードは、ズバリ、「成長」である。彼ら彼女たちは、自分が成長できる場として会社や職場を選ぶ。自分が成長するためには仕事の質を上げていくことがとても重要で、質の高い仕事をできる人材になりたい、と思っている。それが彼ら彼女らが考える「成長」の意味だ。だからこそ、仕事のアウトプットの質を上げるためには、とくに若いときにはハードワークが必要であり、仕事の量が仕事の質を高めていくということも十分理解している。したがって、連日の深夜に及ぶ残業が続いていても、それが自分の成長につながると思えば、不平や不満は抱かない。むしろ、そのような仕事環境を望んだりする人も少なくない。

自分を成長させるために
ハードワークを求める人も

 しかし、いまの日本社会は全体として、「労働時間短縮」の方向に向かっている。とくに大企業は、コンプライアンスの問題からも、時短の方向に強い圧力がかかっており、基本的に残業禁止、持ち帰り残業も禁止、休日出勤もご法度の方向に向かっている企業も多い。ハイスペック人材からすれば、まるで「会社から仕事をするな」と言われているかのように聞こえるかもしれない。せっかく就職した大企業をたった1、2年で辞めて、ベンチャー企業に転職するハイスペック人材も多いし、最初からベンチャー企業に就職するケースも増えている。

 一般的に言えば、急成長しているベンチャー企業の労働環境は過酷だ。仕事時間は長いし、休日出勤も当たり前だし、経験も浅いのに多くのプロジェクトを任されるし、新しいプロジェクトもどんどん生まれる。ただでさえ忙しいのに、仕事がどんどん増えていくのだ。当然、労働時間も長くなる。しかしある意味、こうした仕事漬けの環境こそが、若きハイスペック人材が求めているものではないだろうか。

 先日も、とあるIT系の成長企業で働くハイスペック女子と、某プロジェクトに関する打ち合わせをした。それは、僕がプロデュースする女性支援NGO「ガールパワー」の新プロジェクトの企画会議。しかし、彼女にとってはそれは本業の仕事ではなく、ボランティアの仕事。そのため、当然ながら勤務時間内には打ち合わせができない。そこで、仕事終わりに打ち合わせをすることにしたのだが、その打ち合わせが始まったのが夜の8時過ぎ。そこから11時過ぎまで議論し、ようやく終わったところで「少し飲みに行こうか?」と誘ったのだが断られてしまった。なぜなら、「まだ仕事が残っているので会社に戻るから」だという。