服装選びも「仕事の一部」である

 人材紹介会社の営業マンのように多種多様な業界の会社をお客様とする人なら、お客様によって服装を変えることもできるでしょう。いわゆる堅い会社を訪問するときはスーツを着て、ネット系の会社を訪問するときはネクタイを外し、カジュアルなジャケットを着て行きます。これは要するに、相手に応じてカルチャーフィットするようにしているわけです。

 ある戦略コンサルティング会社の出身者から、お客様の会社に合わせて服のメーカーを変えると聞いたことがあります。大手企業グループなら系列にアパレル会社を持っていたりするので、その系列のアパレルで上から下まで揃えて訪問するのです。そこまでやる必要性は別にして、そこまでやったら、相手は「この人はちゃんと気を遣ってくれているんだ」と悪い気はしないでしょう。

 そう見ていくと服装選びも仕事の一部分と考えることができます。過度に意識する必要はありませんが、その感覚があまりに欠けているとクエスチョンマークをつけられてしまうこともあるわけです。ではどうすればよいかというと、想像力を働かせながら情報収集をすることです。

 人材紹介会社を使っていれば担当者に聞く、あるいはその業界に知り合いがいればそれとなく尋ねてみる。本当に気になるのなら、転職活動先の会社に直接聞いてみるのもありだと思います。たとえば一次面接に行って自分の服装がカルチャーフィットしていないかなと感じたら、「普段、こういう服装で仕事をしているのですが、この服装でもよろしいでしょうか」と聞いてみる。それでよいですと言われれば、安心して次の面接も同じような服装で行けばよいわけです。