【第6回】 2018年5月5日 竹熊健太郎 

一生フリーで生きていくために、自分でメディアを作った――都築響一の場合。【後編】