ネット証券会社比較
【第53回】 2012年10月30日公開(2016年8月24日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

ネット証券の「無料チャート」はここまですごい!
知りたいこと別に大調査!

 ネット証券に口座を開くと、株などが取引できるだけでなく、さまざまな投資に関する情報が得られるようになることをご存じだろうか。最新のチャート機能や専門家のアドバイスなどが、なんと無料で提供されていることが多い。これを使わない手はない。

 今回は、最近新登場したり、リニューアルした株価ボード(レートやミニチャートの一覧ページ)や、ユニークなチャート機能を目的別に紹介する。すべて、ネット証券に口座さえあれば、無料で利用できるツールばかりを集めた。

たくさんの株価を一度に見たい →カブドットコム証券、松井証券

 最近登場した3つの株価ボードは、これまでの株価ボードにはなかったすごい技が使える。「株価ボード」は、大量の銘柄をあらかじめ登録しておき、表形式で株価をチェックするのが基本機能で、株価などの情報は、リアルタイムで更新される場合が多い。

 ここで紹介するのは、8月に登場した松井証券「新・株価ボード」。また、10月にはカブドットコム証券「カブボードフラッシュ」がリニューアルされた。それぞれの機能をまとめたのが【図表1】だ。

 【図表1】最新株価ボードの機能比較表
証券会社名 カブドットコム証券 松井証券
名称 カブボードフラッシュ 株価ボード
株価ボード登録数 18銘柄×10ページ
180銘柄
10銘柄×20ページ
200銘柄
気配一覧
ドラッグ&ドロップ
銘柄移動
チャート一覧
指標一覧 ×
騰落ビジュアル表示 ○(180銘柄) ○(100銘柄)
発注ボタン
登録銘柄入出力 CSV出力 ×
対応OS、ブラウザ Windows:IE、Firefox Windows:IE、Firefox
Mac OS X:Safari
「指標一覧」では登録銘柄について移動平均乖離率などの指標が表示される。

 この3つの株価ボードに共通する特長は、株価を一覧表示するだけでなく、気配、チャート、銘柄の騰落状況など、すべてワンクリックで一気に表示できる点だ【図表2】

【図表2】カブドットコム証券の「カブボードフラッシュ」でチャートを一斉に表示した画面。分足、日足、週足などの全銘柄切り替えもクリック一発。

 また、「HS Streamer」と「新・株価ボード」には、「ヒートマップ」という機能があり、騰落率や移動平均乖離率の状況が色分けして表示される【図表3】。上昇銘柄、下落銘柄が一目瞭然だ。

【図表3】エイチ・エス証券の「HS streamer」の「銘柄100」で「ヒートマップ」をONにした状態。松井証券の「新・株価ボード」にも同様の機能がある。

 たとえば、自動車株、海運株、銀行株など、業種ごとに銘柄を分けて登録しておけば、ヒートマップで見た時に、どの業種が元気かが一目でわかるだろう。

 このツールでは、銘柄の移動をドラッグ&ドロップでできる。後から登録した銘柄でも、同じ業種の銘柄のそばに簡単に移動できる。

 3つの株価ボードは、さまざまなブラウザで利用できる【図表1】。「HS Streamer」と「新・株価ボード」は、Mac OSのSafariにも対応している。「カブボードフラッシュ」は、スマートフォン(iPhone、Android)にも対応。また、公表されてはいないが、Google Cromeで試したところ、筆者のPC環境では利用できた。

カリスマトレーダーの解説が見たい →カブドットコム証券

カブドットコム証券「カブボード」の、「各種ボード(目的別自動設定)」がユニークだ。機能の1つである「新井式カブボード」には、「kabu.com信用買建ランキング」の銘柄中心にピックアップした18銘柄が登録されている【図表4】

 そんな人気銘柄について、カリスマ個人投資家として知られる新井邦宏氏が動画でテクニカル分析をもとに解説している。更新は「月1回以上」とそれほど頻度は高くないが、証券アナリストとはひと味違った新井氏の相場の見方は参考になるだろう。

【図表4】個人投資家の新井邦宏氏が、カブボードに登録された人気銘柄の動向についてテクニカル分析する動画が見られる。

カブドットコム証券【証券情報⇒カブドットコム券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
90円 250円 250円
ネット証券比較!人気ランキングのカブドットコム証券の公式サイトはこちら!
【カブドットコム証券のメリット
口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められるのが魅力。「リスク管理追求型サービス」として、逆指値やトレーリングストップなど、自動売買ができる。リスクを抑えつつ、利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ!一方、短期売買に役立つのが板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」だ。「リアルタイム株価予測」を備え、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する。三菱UFJフィナンシャル・グループである点も強み。同グループ関連の指定のETFは、手数料無料の「フリーETF」として、低コストな分散投資に役立つ。その他、スクリーニングツール「kabuナビ」、アナリストレポートは、自分なりに旬の銘柄を探したい人に役立つ。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】お宝銘柄をニュースに先んじて買う方法があった!【カブドットコム証券】「kabuステーション」を使え
カブドットコム証券の口座開設はこちら!

世界中の金融商品の値動きを1画面で見たい →楽天証券

 次に、国内外のさまざまな金融商品のトレンドをつかむ無料チャートツールを紹介しよう。日本株は世界中の金融商品の動向に左右されるので、投資情報としては重要だ。

楽天証券「楽天証券テクニカルチャート」は、最近のREIT指数の上昇、上海株の値下がり、穀物や金価格などが一気にチェックできるツールだ【図表5】。個別の日本株はもちろん、国内外の指数、先物/オプション、為替、債券、商品のチャートがすべて表示できる。さらに、その気になれば58種類ものテクニカルチャートを利用することができる。

【図表5】「楽天証券テクニカルチャート」は、表示できる商品数やテクニカル指標の数が非常に多い。

 ただし、海外指数などは地域によっては、表示が15分、20分遅延といった場合があるので注意が必要だ。リアルタイムのトレードには向かないかもしれないが、世界の相場の流れをつかみたいならこのツールがおすすめだ。

楽天証券 【証券情報⇒楽天証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気の楽天証券の公式サイトはこちら!
【楽天証券のメリット】
手数料コースは申込み時に「超割コース」「ワンショットコース」「いちにち定額コース」の3つから選べるが「超割コース」が断然お得だ(申し込み後はいつでも手数料のコース変更可能)。ちなみに上記の手数料は「超割コース」の手数料。また、取引からニュース、投資情報、入出金などに使えるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。たとえば、「日経テレコン」では日経新聞の記事も読める。さらに、国内外の多彩な商品揃えも特長。投資信託が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので長期的な分散投資にも便利。投資に役立つメールサービス「マーケットアロー」や毎日読める投資レポート&コラムは、投資の知力アップにおすすめだ。
証券会社(ネット証券)おすすめ人気ランキング!楽天証券会社の公式サイトはこちら

為替や中国株の動向をリアルタイムに知りたい →GMOクリック証券

 続いて、為替のチェックに適したネット証券をチェック。言うまでもないが、為替の動向は株価に大きな影響を与える。オススメは、GMOクリック証券「Platinum Chart」【図表6】。情報更新がリアルタイムで便利。このチャートは、FX口座(FXネオ)を開設すれば利用できる。FX取引をしなくても、口座開設をすればツールは利用可能だ。(「FXネオ」の詳細はこちら

【図表6】「Platinum Chart」「Platinum Chart CFD」では、為替や商品先物、海外指数などがリアルタイムでわかる上に、経済指標やニュースもまとめてチェックできる。

 「Platinum Chart」では、各国の通貨ペアの状況が見られる。最近では米ドル/円だけでなく、ユーロの動向も重要だが、ユーロ/円やユーロ/米ドルのチャートもリアルタイムで見られる。

 さらに、ニュースも同時に見られるため、深夜に米国指標が発表された場合もいち早く情報を入手可能。深夜取引をする先物トレーダーにもおすすめだ。

 「Platinum Chart」にはCFD版もある。たとえば、「上海A50」というCFD銘柄は、上海A株の指数先物(ドル換算)と同様の動きをする。このチャートを見れば、日本の日中立会に影響を与える上海株の動きがリアルタイムでチェックできる。

 CFDなので、株価指数だけでなく、原油や金、穀物など、さまざまな金融相場がチャートで見られる。また、指標・経済イベント一覧や速報も見られる。「Platinum Chart CFD」は、GMOクリック証券でCFD口座を開設すれば利用できる。

保有している銘柄の診断を見たい →松井証券、マネックス証券

 「自分が持っている銘柄はこれから上がりそう?」「これから上昇しそうな銘柄はどれ?」。そんな問いにチャートの形で答えてくれる無料ツールが「チャートフォリオ」だ。松井証券マネックス証券で利用できる。

 「チャートフォリオ」では、「もみあい」「急上昇」「下げ止まった?」など25通りのチャートパターンが表示されている。これらのパターンは、過去の株価の動きに基づいて分類されている。将来予測はできないが、現在のトレンドを知ることはできる。

 チャートパターンから銘柄を探したり、個別銘柄がどのチャートパターンに属するかを調べたりできる。【図表7】はで日経平均の状況を調べたところだ。10月26日時点では、「戻ってくる?」のチャート型に分類されていた。

【図表7】では各チャートパターンに属する銘柄数も表示されている。「リバウンド」(335銘柄)、「これから上昇?」(306銘柄)が多いことから、調査時点(10月26日)は、テクニカル的には相場が全体的に上げそうなムードだったと考えられる。

【図表7】マネックス証券の「チャートフォリオ」画面。調べた銘柄のチャートパターンが青い線で囲まれている。対象期間は、日足の1カ月、3カ月、6カ月から選択可能。
松井証券【詳細情報⇒松井証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
0円 300円 500円
ネット証券比較!人気の松井証券の公式サイトはこちら!
【松井証券の特長】
他社にない個々のサービスは、目的を持って取引をする投資家にとって利用価値が高い。たとえば、現物株の手数料は一日定額制の場合、10万円以下は無料。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」なども。多くの証券会社で不可能な一般信用取引の新規売建が幅広い銘柄で利用できる。また、各種特殊注文機能、無料トレードツール「ネットストックハイスピード」もあり、トレード積極派に役立つサービスやツールが充実している。投資情報では、他社では有料の「QUICKリサーチネット」が無料。チャートの形状から銘柄検索ができる「チャートフォリオ」、テーマ株探しに役立つ「テーマ投資ガイド」など、今が旬の銘柄を自分で探したい人にもおすすめ。
【関連記事】NISA口座は取扱商品と手数料で選べ!~金融機関選びのポイントから、最新キャンペーン情報、NISA口座開設の流れまで~①【カシコク選ぶ編】
松井証券の口座開設はこちら!


 今回紹介したチャートツールは、すべてネット証券に口座を開けば無料で使うことができる。

 ネット証券に口座を開くと、単に個別株の売買ができるだけなく、相場全体のトレンドを確認したり、世界経済の流れを知ることもできるのだ。豊富な情報源があなたの投資力アップに貢献することは間違いない。

(文/久保田正伸)

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年10月4日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 191本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2455本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1017本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券より割当のある主幹事と、多くの割当が期待できる主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 62本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1062本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。新規口座を開設すると、申し込み翌月末まで、現物株の買付手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施中。2017年10月31日(火)まで。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2514本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。2017年9月より、1日定額制プランだと、1日10万円まで売買手数料が0円に! 手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング