成果から逆算してストーリーを「3つ」用意する

Shin  他にも目標を達成して成果を上げるコツはありますか?

曽山 「ワクワクする目標」はマインド的なアプローチでしたが、テクニカル面でいうと、「成果から逆算して計画的に動くこと」は大事です。弊社の活躍している社員にヒアリングをした際に「なるほどな」と思ったのが、成果に行き着くまでのストーリーを「3つ」作るという話です。

Shin ストーリーを3つ?

曽山 はい。成果を達成するためのストーリーを、(1)理想パターン、(2)普通パターン、(3)ダメダメパターンの3通り決めておくのだそうです。例えば営業職で解説すると、「(1)理想パターン」は担当しているお客様で目標を達成できるというストーリー。担当しているお客様だけで目標に届かなかった時のために新規のお客様で目標達成するのが「(2)普通パターン」。そして、全部ダメだった場合のリカバリー策を考えておくのが「(3)ダメダメパターン」です。

Shin  単純に成果から逆算するだけではなく、失敗するケースまでを見通してストーリーを「3つ」描くのですね。通常の逆算よりも、確実に成果をあげられそうですね。


曽山 はい。実際に、その若手社員は、14ヵ月連続達成という成果をあげました。

Shin すごいですね。目標を具体的な行動に落とし込むことの大切さはよく耳にしますが、そのようなパターンに落とし込んでいる人は初めて聞きました。

曽山 そうですね。私も、とても感心しましたよ。

第3回に続く