ASUSの2017年モデルとして登場した第4世代ZenFoneシリーズ。ZenFone 4とZenFone 4 Proがあり、うっかりすると間違えてしまうほど似ている部分が多く、どちらにするかと考えたときに迷いがち。そこでZenFone 4とZenFone 4 Proを並行してチェックしていく。今回は地味に違う外観を見ていこう。

微妙に異なるアトモスフィア

 ZenFone 4 (ZE554KL)とZenFone 4 Pro (ZS551KL)は、ともに5.5型で、外観の形状も酷似しており、遠目だと見分けが難しい。ただサイズは、微妙に異なっており、ZenFone 4 Proのほうがわずかに大きく、サイズと重量は以下のようになっている。

  • ZenFone 4:75.2×155.4×7.5mm、165g
  • ZenFone 4 Pro:75.6×156.9×7.6mm、175g

 以上のような違いがあるのだが、実際に持った場合に差らしいものを感じにくいので、この点は気にしないでいいだろう。

ZenFone
ZenFone 4
ZenFone
ZenFone 4 Pro

 次にディスプレーだが、ともに解像度は1080×1920ドット。ZenFone 4はIPS、ZenFone 4 Proは有機ELと違いがあり、発色傾向が異なる。鮮やかさでいくと、有機ELを採用しているZenFone 4 Proが上だ。また強化ガラスは、ZenFone 4はGorilla Glass 3、ZenFone 4 ProはGorilla Glass 5となっているほか、ZenFone 4 Proのほうが指滑りがよく、コーティングについても違いがあるようだ。

 正面のレイアウトはオーソドックスなもので、下部に指紋センサーを備えている。指紋センサーは形状が微妙に異なっているが、精度に関しては変わりはない。またステレオスピーカーを採用しており、受話口と底部から音が出力される。ZenFone 4はややバランスが悪く、受話口側の音量が、下部スピーカーに比べて低い。個体差かと思ったのだが、店頭のホットモックでも同様であったので、仕様だと思われる。縦画面の状態では気にならないが、横画面にすると気になる人が多いと思われるので、だらだらと動画を見ることが多いのであれば、ZenFone 4 Proを重点的にチェックするといいだろう。

ZenFone
ZenFone 4 Proの指紋センサー
ZenFone
インカメラや近接センサー、受話口のレイアウトも同じ。写真はZenFone 4

 背面はデュアルカメラとLEDライトというレイアウトは共通しているが、ZenFone 4は背面全体で大きく、ZenFoneシリーズのトレードマークである同心円処理が施されているのに対して、ZenFone 4 Proはカメラユニット周辺だけとなっている。また、ややこしい部分としてはカメラの仕様だ。ZenFone 4は標準カメラと広角カメラ、ZenFone 4 Proは標準カメラと光学2倍カメラが採用されている。カメラについては後日比較となるが、露骨に仕様が異なる部分であり、けっこう悩ましい。

ZenFone
ZenFone 4の背面。カメラの出っ張りがない
ZenFone
ZenFone 4 Proは1mmほど出っ張っている

 そのほかについての外観は同様であり、店頭でチェックするといった場合にあまり気にする必要はないだろう。

ZenFone
DSDS仕様であるのは共通
ZenFone
ZenFone 4の右側面
ZenFone
ZenFone 4 Proの右側面。ZenFone 4と比べると質感の違いがある

■関連サイト

■関連サイト