グーグルは、同社公式ブログ上で新世代メッセージングサービス「RCS(Rich Communication Services)」について、世界43のキャリアと提携し、普及に努めることを発表した。

00

 一部メディアで「国内主要3キャリアが打倒LINEの新サービス導入」として報道されているのが、このRCSのこと。RCSはSMSを大幅に機能拡張したものと言え、テキストベースで機能的には限定的だが、端末の基本機能として世界的にはいまだ広く使われているSMSのメリットを活かしつつ、リッチなコンテンツの送受信を始め、B2Cで企業がプロモーション用途に活用できるなどの機能を搭載している。SMSと同じく電話番号での送受信ができるうえ、Android標準のメッセージアプリに機能を統合することで、ユーザーはアプリを追加することなく利用できる点も利点となる。

 SMSやその拡張版のMMSのさらなる拡張については、スマホ時代以前から動きがあったが、キャリアや端末メーカーなどが参加する業界団体GSMA(GSM Association)とグーグルの協力により「RCS」として規格化が進展。すでに欧州、北米、中南米の主要キャリアで導入が進められているほか、今後数ヵ月でさらにパートナーを拡大する予定。その内容については来週スペイン・バルセロナで開催されるMobile World Congressにおいて公表される。


■関連サイト