無視された時の精神的ダメージは思った以上に大きい。

 1人のお客様だけでなく、次のお客様にも悪影響を及ぼすことになる。あえて「ネガティブに準備すること」で、精神的にもダメージは少なくなるものだ。

 これは親子関係の話で説明するとさらに理解しやすい。

 以前、子育ての勉強会に出席したことがあった。

“子どもは親の言うことを聞くべきだ”などと考えている親が多いという。その考えのまま子どもに意見をして、言うことを聞かなければ《なんで親の言うことが聞けないの!》とカチンとくる。

「良かれ」と思って言ったことが無視されるほど頭にくることはない。

 そうではなく“子どもは親の言うことは聞かないものだし、反対意見があってもいい”くらいのつもりで、心の準備をしていたらどうだろう?

 反抗されたとしても、それほど感情的にはならないはずだ。この「心構え」を知っているだけでも随分と冷静に対応できる。

 私にも中学生の娘がいるが、確かにうなずける話だった。

 話を営業トークに戻そう。