正田連載
「HUAWEI P20 lite」

 格安SIMの定番機種といえば「HUAWEI P10 lite」だ。3GBメモリーなど今でも十分通用するスペックを持ち、ネットワークはドコモ、au、ソフトバンクのどれでも不利にならない対応バンドの多さがある。

 そして、単体で3万円強という買いやすい価格。そんなHUAWEI P10 liteの後継機種である「HUAWEI P20 lite」が登場した。今回au版を購入したので試してみた。

トレンドを抑えながら普及クラスのスペックを底上げする性能

正田連載
流行のノッチ付き液晶
正田連載
カメラはダブルレンズ
正田連載
Type-Cの充電端子。Type-Cで統一したい人には便利

 HUAWEI P20 liteとHUAWEI P10 liteは、プロセッサーこそあまり違いはないが、それ以外の部分の違いは大きい。

 ノッチ付きの縦長液晶に約1600万画素と約200万画素のダブルレンズカメラ、USB Type-Cの充電端子、顔認証の対応など流行りの仕様を備えている。

正田連載
顔認証にも対応する

 性能という面ではメモリーが3GBから4GBへと増えており、快適さが増している。

 HUAWEI P20 liteに搭載されるプロセッサーはHUAWEI Kirin 659 オクタコア (動作クロックは2.36GHz×4+1.7GHz×4)で、最近登場の格安人気機種「HUAWEI nova lite 2」と同じだ。

 しかし、HUAWEI nova lite 2よりもメモリー容量が多くなっている。最近はスマホもPCと同様にメモリー容量を重視する傾向となっており、HUAWEI P20 liteのクラスで4GBメモリーを搭載してくるのだから、普及クラスのスマートフォンでもRAM容量が底上げされていくときっかけになりそうだ。

 そして、あまり言われてないことだが、HUAWEI nova lite 2の無線部分はCA(キャリアアグリゲーション)非対応、Wi-Fi(無線LAN)は5GHz帯非対応だったが、HUAWEI P20 liteはHUAWEI P10 liteと同様にCAも5GHz帯のWi-Fiにも対応となる。HUAWEI nova lite 2に比べるとスペックアップしているようだ。

 液晶は5.84インチで解像度は1080×2880ドット。HUAWEI nova lite 2との違いはノッチ付きになっており、液晶サイズに対して本体は大きくなっておらず、表面積における液晶の比率が高まった。表示範囲の隅から隅まで表示させたいならHUAWEI nova lite 2のほうが広くなる。

正田連載
HUAWEI P10 liteのケースに押し込んでみると、カメラ位置などが異なる。保護目的ならなんとか使えるレベル

 ノッチ付きのおかげでHUAWEI P10 liteと比べてほぼ変わらない本体サイズは、具体的な数値を見れば長さが2.5mm増えて幅が1mm減り、厚みが0.2mm増えている。

 この程度の差なので柔らかい素材のケースならそのままHUAWEI P10 liteのものが入ってしまった。HUAWEI P10 liteからの買い替えでケースはラインナップが揃うまで「待ち」という人も、しばらくはP10 liteのケースでしのぐことができるかもしれない。

さまざまな事業者で販売開始! 販売場所による違いもある

 登場したHUAWEI P20 liteだが、販売チャネルは多岐にわたっている。ファーウェイ機が3大キャリアのランナップに加わりはじめていることもあり、今回はauのラインナップでも登場。

 引き続きサブブランドのUQ mobile、Y!mobileにもラインナップされ、MVNOの格安SIMでも数多くの事業者が扱っている。

 そこで注意しなければならないのは、販売するところによって仕様が微妙に異なっている点だ。販売元によってプリインストールアプリも異なっている。

au版はストレージが倍だが、制限も多め

 プロセッサーやカメラなどは、どの販売元のHUAWEI P20 liteでも共通だが、au版のストレージ容量は通常32GBに対して64GBと倍になっている。

 さらに、SIMロックされて出荷されることや、削除できない事業者サービスのアプリがプリインストールされている。そして、SIMフリー版でも国内では同時待受はできないが、SIMスロット自体も1つ目しか有効にならない。

 ただ、au版でも対応周波数帯が制限されていることはない。いわゆるプラチナバンドと呼ばれるところでは、SIMフリー版と同様にバンド8/18/19/26がサポートされており、SIMロック解除後にドコモ、ソフトバンクのネットワークで使ってもエリアで困ることはないだろう。

久しぶりに大手量販店の店頭でau版を購入

正田連載
写真はau版のためauロゴが入っている
正田連載
auのアプリがたくさん入っている

 今回は手持ちのポイントなどの都合やキャリア版がどうなのかを試す意味もあって、au版を機種変更で購入した。

 余談だが、久しぶりにリアルな店舗で購入したのだが、手続時間が長く、機械を購入するだけなのに身分証明書の提示や長々とした重要事項の説明、その他のサービスの勧誘を受けて断るという時間を過ごし、MVNOの格安SIMのありがたさがわかる瞬間である。

 auの機種変更でもウェブサイト上のオンラインショップで購入すれば面倒な待ち時間は不要だが、今回はリアルな販売店でしか使えないクーポンがあったのと、販売店のポイントまで考慮し、大手家電量販店を選んだのだ。

 引き渡され、電源を入れてみると、au版は最初の画面で「au」と出て、auのアプリが山盛りだということに改めて気づく。

 無効にしてしまえばいいのだが、数が結構あり、1つ1つ影響を考えながら無効にしていくよりはそのまま放っておくのが現実的だと思った。

 SIMロック状態ではドコモネットワークの格安SIMが使えないのは当然だが、昨年の新ガイドラインによりauネットワークの格安SIMはSIMロック状態で利用が可能。手元にあったUQ mobileとBIGLOBEはそのままで利用が可能だった。

 そして、SIMロック解除も行なった。機種変更で一括払い購入だったので、即解除対象となっており、ロックを解除したところドコモのネットワークの格安SIMも挿入して通信が可能もまった。

 ただ、ひとつ気になるのはSIMを抜き差しするごとに再起動が強制的にかかること。通信事業者の仕様なのかもしれないが、SIMを抜き差しして楽しむSIMマニアには向いていない。

ノッチの使い勝手次第だが
プレーンで快適動作のスマートフォン

正田連載
オンラインでSIMロック解除成功
正田連載
ドコモネットワークの格安SIMのAPNがプリセットされている

 SIMロックを解除したならHUAWEI P20 liteは順調そのもの。アプリの切り替えなどHUAWEI P10 liteやnova lite 2よりも一層快適になったような印象だ。

 ドコモネットワークのSIMを挿入した場合は、ドコモ系格安SIMのAPNが多数有効になるので、そこから選べばいいようになっている。

正田連載
ノッチを目立たせないようにもできる

 ノッチの使い勝手はいろいろ言いたいことがあるのだが、上の部分を黒くしてノッチがあるように見せない設定もあるので、必要に応じて変更するのもあり。

 ただ、それでも液晶部分が多くなることで本体を掴んだ場合の誤動作が増えるため、使い勝手ではノッチ付きや全面液晶は必ずしもいいわけでないという印象だ。

 ダブルレンズカメラについては出っ張りがあるため、ケースを選ばないとカメラの周りが傷だらけになりそう。それでもカメラの機能的には多くなっているので、今後の活用が楽しみだ。

 それ以外はプレーンかつ、すっきり動くスマートフォンという印象だ。スマートフォンはアプリで使い勝手を構築していくモノだとすれば、本体にクセがなく、すっきり動作でシンプルなスタイル、手頃な価格というHUAWEI P20 liteはまさにおすすめの機種ということになる。

安く買う方法もあるので、旬のうちに試してほしい

 今回、さまざまな事情でau版を購入してしまったのだが、au版というのを差し引けば、非常にプレーンで使い勝手のよい機種というのがHUAWEI P20 liteの印象だ。

 まだ登場したばかりで回線契約なしの特価はあまり見かけない。回線とセットなら、OCN モバイル ONEの「gooSimseller」で1万4800円(税別)という特価販売がある。

 また、サブブランドでよければ併売店でUQ mobile版(SIMフリー)を2年縛り回線付きで一括0円で販売しているケースを見かける。普及クラスだが登場したばかりで旬のうちに検討してみるのもいいだろう。