日本サッカー協会のような統一組織が野球界にはない

 ここまでいくつかの例を挙げたが、どの案も導入するためにネックとなるのは野球界全体を一気通貫で束ねる組織がないことである。サッカーの場合日本サッカー協会が全てのカテゴリーを束ねる組織として存在しており、代表チームから育成年代のクラブユース、中学・高校サッカーまでを管轄できている。一方の野球はプロとアマチュアの間の隔たりが大きく、またアマチュアの中でもカテゴリーによってばらばらで、野球界全体で何かを決めるという時に機能する組織が存在していない。

 日本の野球が学生野球から発展したことと、プロがアマチュア選手を過剰に引き抜いたことでアマチュア側がプロ野球を敵視したことが、現在のような状況を生み出した原因である。が、いつまでも過去に縛られているのはナンセンスである。

 日本のサッカー界にも当然多くの問題があり、違うスポーツだから比較するべきではないという意見もあるが、この統一化された組織の有無というのは最も大きな違いであり、野球界がサッカー界を見習うべき点であると言える。

 現在のプロ野球界は近鉄球団の消滅による球界再編問題から、危機感を持ったパ・リーグが改革を推し進めたことで変化した部分が大きい。かつては「人気のセ、実力のパ」と言われていたが、リーグ全体でマーケティング活動を推し進めた結果、現在では人気の面でもセパの差は小さくなっている。それもリーグ存続の危機感が突き動かした結果である。

 そして野球界の現状を見ると育成年代の野球人口減少に現れているように、あらゆる面で大きな改革が求められる時期に来ていることは間違いない。今回提言した内容が一つでも実現し、野球界全体が新たな局面に向かうことを期待したい。

(ベースボールライター 西尾典文)