親子二代での“首相と女房役”なるか?
福田達夫氏と進次郎氏の意外な関係

 今回は、政治界の若きホープである小泉進次郎氏を取り上げましたがいかがでしたでしょうか?

 私は、彼ほど一白らしく、その気質を発揮している政治家も珍しいと見ています。

 現首相の安倍晋三氏も「水の一白」です。
 一白は頑固にさえならなければ、周りを冷静に見ての言動がしっかりとできますので、場数さえ踏めば、長期的な政権を保持できる傾向が高いです。

 進次郎氏の父である純一郎氏が総理大臣だった時代、内閣官房長官のポジションには福田康夫氏がいました。

 もし、将来的に進次郎氏が総理になったとき、現衆議院議員の福田達夫氏が内閣官房長官になれば、まさに親子二代での“首相と女房役”となります。

 達夫氏のナインコードは「天の六白」ですので、五行の関係で見れば、一白の進次郎氏とは相生(そうしょう)の関係です。
 互いが互いを生かす「ベストパートナー」なのです。
 将来、国はどのような方向に進んでいくのか。
 ナインコードで政治家たちの関係性を見ていけば、メディアの報道とは違った面白さがありますので、ぜひ皆さんも調べてみてくださいね。