99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか?2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった。今回は現役引退を決めた卓球・福原愛選手を分析する。

泣き虫愛ちゃん
まさかの現役引退

 平成の日本女子卓球界をけん引したアスリートと言えば、まず間違いなく、誰もが福原愛選手を思い浮かべるでしょう。

「泣き虫愛ちゃん」と呼ばれながらも、五輪で二度のメダルに輝くなど、数々のドラマを国民に見せてくれました。

 そんな福原選手ですが、今年10月、現役を引退しました。
「まだまだできるのに……」と思った方も多いかもしれません。

 けれども、実はこの引退のタイミング。ナインコードのバイオリズムで見ていくと、福原選手にとってはベストな時期でもあると言えるのです。

 それは、なぜでしょうか?

 今回は福原選手の人物像をナインコードで見ながら、今回の引退が、今後の彼女の人生にどう影響してくるかも、彼女自身のバイオリズムから紐解いていきましょう。