99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか?2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった。今回はあの「小泉進次郎氏」を取り上げる。

あまりに目立ちすぎる進次郎氏
なぜ、叩かれない?

 いまや、707人の国会議員(衆参合同)の中でも屈指の人気を誇る人物といえば“小泉進次郎氏”を思い浮かべる方も少なくないでしょう。
 さわやかなルックスと歯切れのよい軽快な演説で、お茶の間からの多大なる人気を得ています。

 しかし、出る杭は打たれるのが政治の世界です。
 ここまで目立つ存在となってしまった進次郎氏。周りの政治家たちからの嫉妬や敵対心でたいそう叩かれているのかと思えば、うまく身をかわし回避しています。

 なぜ、進次郎氏は周囲(他の政治家)と適度な距離を保ち、国民からの人気もずっと保っていられるのでしょうか。

 その秘密は、進次郎氏をナインコードで読み解くと理由がはっきりとわかります
 未来の総理大臣候補としての筆頭株である進次郎氏ですが、果たして、それは現実となるのでしょうか。
 今回は、そんな進次郎氏のメディアでは語られない、秘密の裏側について言及していきましょう。