「牛ロース」は
肌の若さとハリをつくる

 牛肉を食べれば食べるほど若くなる――本当です。ぜひ実践してみてください。

 これだけで、あなたの肌は若くてハリのある肌になります。

 40歳からは、「若い人」と「老けている人」の差は、牛肉をしっかり食べているかどうかで決まってしまう。それくらい、牛肉は重要な食材なのです。

 食べれば食べるほど若くなる。そんな夢のような食材が牛肉ですが、いったい牛肉の何がそれほど若返りに効果的なのでしょうか?

 それは、動物性タンパク質に含まれるアミノ酸が豊富だからです。若くてハリのある肌は、アミノ酸でつくられるのです。

 動物性タンパク質の中でも、鶏肉や豚肉ではなく、牛肉がおすすめなのは、私たちが不足しがちな鉄と亜鉛が豊富だからです。

 鉄と亜鉛は、不足すると肌の若さに必要なうるおい成分がつくれなくなるのです。

 特に、牛肉には吸収効率のよいヘム鉄が多く含まれています。

 もちろん、牛肉には肌のツヤをつくる脂肪も含まれています。脂肪を毛嫌いする人は多いですが、若返りには重要な栄養素です。

 脂肪の中にはコレステロールがあります。意外なことに、コレステロールは肌のうるおいを守る役目を果たすのです。

 牛肉を食べる量は、1回に150~200グラム、週に2回が目安。

 ただし、絶対に「ロース」を選ぶことです。ロースなら必要なアミノ酸、鉄、亜鉛を確保しつつ、余分な脂肪やコレステロールをとらずにすみます。焼き肉店などで食べる場合はカルビをやめて必ずロース、2皿ぐらいは食べましょう。食べ方は、塩味がおすすめです(1皿80~100グラム)。