伝統的な企業の強みは
顧客、ブランド、インフラ

 しかし現在、私の生活習慣は変わりました。電子端末で読むことが増えたからです。そしてもはや、地下鉄や路上にいて新聞を読みたい時、新聞に対して支払うことはありません。生活習慣が変わったと同時に新聞に支払うことをやめたのです。新聞が紙であること自体は問題ではありません、コンテンツこそが重要なのです。

「サブスクリプション」拡大でギターの名門Fenderが大成功した理由Photo by Yoshihisa Wada

 紙の新聞は収益を減らしつつあるし、この収益モデルはもはや成り立ちません。正しい考え方は自分たちのブランドに価値を見出し、購読してくれる顧客を持つことです。

――旧来型メディアは今後、現実問題としてコンテンツよりマーケティングに投資を振り向ける必要があるのでは?

 必ずしもその必要はないと考えています。 UberやSpotifyのような企業は、伝統的な企業を廃業へと追い込む可能性を秘めていますし、実際にそれは起こりうると思います。

 しかし、伝統的な企業には強みがあります。顧客を持っており、ブランドがあり、インフラがあるという点です。一方で彼らが必要とするのは、 顧客との接点を取り戻すことです。デジタル技術ではそれが可能になります。