任天堂トラッキングメガネ

 任天堂が「3Dを有効にするアイトラッキング(Eye Tracking Enabling 3D Viewing)」と命名した新システムを米国特許商標庁に特許出願していたことが判明した。新システムは、位置トラッキング機能と2Dスクリーンに表示された映像の視差による3D化を実現するとのこと。今回の特許出願は2018年9月27日、2019年1月24日の公開により判明した。

 この新システムは、眼鏡型のデバイスなどに搭載して使用することが想定されているようだ。利用者は新システムが搭載されたメガネを装着し、ディスプレーを見ることで表示された映像を立体的に視認できる。出願書によると新システムは、赤外線カメラやリトロリフレクターなどを活用してデバイスの位置のトラッキングを行なう仕組みとなっている。