Galaxy
Infinity Oディスプレーを採用したGalaxy S10+

Galaxy10周年に最強の3モデルが発表
インカメラはディスプレーの上部左に埋め込まれている

 サムスン電子から最新モデル「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10e」の3モデルが発表されました。2019年は初代Galaxy Sの登場からちょうど10年。10周年の集大成にふさわしく、これらのGalaxy S10シリーズ3モデルはデザインも機能も昨年の「Galaxy S9」シリーズより進化しています。

Galaxy
3つのサイズが出そろったGalaxy S10シリーズ

 ディスプレーはGalaxy S10が6.1型、Galaxy S10+は6.4型で、ともに両サイドの角を落としたエッジディスプレーを採用。Galaxy S10eは5.8型です。3モデルともにディスプレーにフロントカメラを埋め込んだ「Infinity Oディスプレー」を採用。その中でもGalaxy S10+はフロントカメラがデュアルで、2つのカメラが埋め込まれた世界初のデザインです。

Galaxy
Galaxy S10+はデュアルカメラをディスプレーに埋め込んでいる

 また、ディスプレーのアスペクト比は19:9と従来モデルよりワイドになり、さらにGalaxy S10、Galaxy S10+はそのディスプレー下部に指紋認証センサーを内蔵。認証方式はスマートフォンとして世界初の「超音波式」を採用しています。なお、Galaxy S10eのみは本体右側面の電源ボタンが指紋認証センサーを兼ねています。

Galaxy
Galaxy S10/S10+はディスプレー埋め込み型指紋認証センサーを内蔵

リアカメラは3眼で超ワイド撮影も!

 リアカメラはGalaxy S10とGalaxy S10+がトリプル仕様。12メガピクセルのテレ(画角45度、F2.4、OIS)、12メガピクセルのワイド(画角77度、F1.5/2.4、OIS)、1600万画素のウルトラワイド(画角123度、F2.2)。ウルトラワイドの画角は人間の目の視野角と同じだそうです。Galaxy S10eはデュアルカメラで2モデルからテレを除いたワイド+ウルトラワイドという仕様です。

Galaxy
Galaxy S10+のテレで撮影
Galaxy
Galaxy S10+のワイドで撮影
Galaxy
Galaxy S10+のウルトラワイドで撮影

 本体カラーはGalaxy S10が「プリズムグリーン」「プリズムホワイト」「プリズムブラック」「プリズムブルー」の4色。Galaxy S10+はこれに加え「セラミックブラック」「セラミックホワイト」の2色が加わった合計6色展開となります。

Galaxy
Galaxy S10+は6色がラインナップ

 そして、Galaxy S10eは同じくGalaxy S10の4色プラス「カナルイエロー」「フラミンゴピンク」の6色。豊富なカラバリ展開がGalaxy S10シリーズの特徴にもなっているのです。

Galaxy
Galaxy S10eの5色。これにフラミンゴピンクが加わる

 SoCは非公開でCPUは「7nmプロセス 64ビットオクタコア(2.8GHz+2.4GHz+1.7GHz)または「8nmプロセス 64ビットオクタコア(2.7GHz+2.3GHz+1.9GHz)。メモリー構成はGalaxy S10が8GB+ストレージ128GB/512GB、Galaxy S10+はメモリー8GB/12GB+ストレージ128GB/512GB/1TB。「12GB+1TB」が最上位の組み合わせですが、価格が気になるところ。Galaxy S10eはメモリー6GB/8GB+ストレージ128GB/256GBとやや控え目です。

 ワイヤレスネットワークはLTEが7CAにも対応し、最大下り速度は2Gbps。また、世界初のWi-Fi 6にも対応します。面白い機能はワイヤレスパワーシェアで、Galaxy S10シリーズ各モデルをワイヤレス充電台とし、他のワイヤレス充電対応スマートフォンを充電することができます。

Galaxy
ワイヤレスパワーシェアを使いiPhone Xをワイヤレス充電

 それでは各モデルを写真で見ていきましょう。

シリーズ最上位モデル
Galaxy S10+

 背面に3つ、前面に2つと合計5つのカメラを搭載した「スーパーカメラフォン」とも呼べる存在がGalaxy S10+です。一番気になるのはInfinity Oディスプレーのフロントデュアルカメラの存在でしょう。使ってみるとディスプレー全体のサイズが大きいこともあり、カメラ部分の穴は思ったよりも目立ちません。

Galaxy
白い画面表示でも思ったほど目立たないインディスプレーカメラ
Galaxy
リアカメラ使用時もフロントカメラは隅にあるため、あまり気にならない

 本体サイズは74.1×157.6×7.8mm、重量は175g。ディスプレーサイズの割には横幅が狭く、200gを切る重量のため、重さはあまり感じられません。なお3モデル共通ですが、本体下部には3.5mmヘッドフォンコネクターが残されています。

Galaxy
Galaxy S10+ 本体正面
Galaxy
Galaxy S10+ 本体裏面
Galaxy
Galaxy S10+ 本体右側面
Galaxy
Galaxy S10+ 本体左側面
Galaxy
Galaxy S10+ 本体下部
Galaxy
Galaxy S10+ 本体上部

プレミアム機種の最新モデル
Galaxy S10

 Galaxy S10の本体サイズは70.4×149.9×7.8mm、重量は157g。フロントカメラが1つになり、本体サイズが一回り小さくなった以外、Galaxy S10+とシルエットはあまり変わりません。Galaxy S10シリーズの中心的存在となるスタンダードモデルです。

Galaxy
Galaxy S10 本体正面
Galaxy
Galaxy S10 本体裏面
Galaxy
Galaxy S10 本体右側面
Galaxy
Galaxy S10 本体左側面
Galaxy
Galaxy S10 本体下部
Galaxy
Galaxy S10 本体上部

小型なハイスペックモデル
Galaxy S10e

 Galaxy S10eは上位2モデルの下に位置する製品ではあるものの、低スペックモデルではありません。ワイヤレスパワーシェアなど上位モデルと基本機能は変わりませんし、カメラもデュアルですが十分なスペック。

Galaxy
Galaxy S10eもワイヤレスパワーシェア機能を搭載

 本体サイズは69.9×142.2×7.9mm、重量は150g。右側面の電源キー兼用指紋認証センサーが特徴のほか、本体下部の3.5mmヘッドフォンジャック、上部のSIMトレーの位置がGalaxy S10/S10+とは逆になっています。

Galaxy
Galaxy S10e 本体正面
Galaxy
Galaxy S10e 本体裏面
Galaxy
Galaxy S10e 本体右側面
Galaxy
Galaxy S10e 本体左側面
Galaxy
Galaxy S10e 本体下部
Galaxy
Galaxy S10e 本体上部