Galaxy S10だけじゃなかった!
インパクト大の二つ折スマホ登場!

 サムスン電子は20日にサンフランシスコで開催した新製品発表イベント「Unpacked 2019」で折り曲げ可能なディスプレーを搭載したスマートフォン「Galaxy Fold」を発表しました。

FOLD
ついに登場したGalaxy Fold

 Galaxy Foldは開くと7.3型のディスプレーで解像度はQXGA(2048×1536ドット)、アスペクト比4.2:3のタブレットスタイルになり、閉じると4.6型のHD解像度、アスペクト比21:9のスマートフォンになるフォルダブル端末です。ディスプレーは「曲がる」のではなく、完全に折りたたむことが可能です。このために開発された新しい複合ポリマー素材により有機ELディスプレーパネルの厚みを従来のスマートフォンの約半分にすることに成功、特殊なヒンジを裏側に配置することで、まるで紙のように折ったり開いたりできるのです。なお、グローバルでの発売日は4月26日、価格は1980ドル(約22万円)です。

FOLD
20万円を超える価格設定

 発表会では実際に動作する実機デモも行なわれました。Galaxy Foldは閉じた状態では縦に長いスリムな形状。このままスマートフォンとして使うことができます。ディスプレーの表示領域は中央寄りで、上下のベゼルが目立つものの片手で操作する分には不便はありません。

FOLD
閉じた状態でスマートフォンとして使える
FOLD
画面表示エリアは中央寄りとなる

 折ったり開いたりできるディスプレーを活用するため、Galaxy Foldには新たに「Galaxy Field UI」を搭載します。ディスプレー表示サイズが変わっても、同じアプリをそのまま利用できるApp Continuity機能があるのです。

FOLD
閉じた状態でアプリを起動
FOLD
ディスプレーを開くとそのまま同じアプリが大画面で表示される

画面は2分割か3分割できる

 開いた画面を2分割あるいは3分割して、それぞれ別のアプリケーションを利用できる「Multi Active Window」も採用。左側の大きい画面で動画を見ながら、右上画面でチャット、右下画面でニュース検索、なんてこともできます。なお、サムスンはGoogleのアンドロイド開発者コミュニティーと連携して、折り曲げ可能なディスプレー向けのアプリやサービスの最適化も進めていくとのこと。

FOLD
左側にYouTube、右上にWhatsApp、右下にGoogle検索。3つのアプリを同時に開ける
FOLD
両手での文字入力もラクにできる

 カメラはGalaxy S10+と同等のものを搭載し、背面に12メガピクセルのテレ、12メガピクセルの広角、16メガピクセルの超広角、フロントには10メガピクセルのセルフィーカメラと8メガピクセルの深度測定カメラを搭載。さらに閉じたときのフロント面にもう1つと、合計6個のカメラを搭載しています。

FOLD
6つのカメラで撮影スタイルも自由自在

 メモリーは12GB、内蔵ストレージは512GBと大容量。そしてデュアルバッテリーにより4380mAhの高容量を確保し、長時間の利用も可能です。Galaxy S10シリーズ同様のワイヤレスパワーシェア機能も搭載しているので、他のワイヤレス機器の充電も可能です。

 閉じた状態で親指が自然に触れるディスプレー面部分に指紋認証センサーを内蔵。内部のバッテリーやパーツの配置も、ディスプレーを広げて持った時の重量バランスが考慮された設計です。

FOLD
スマートフォンとしてもパワフルな製品

 本体カラーはスペースシルバー、コスモスブラック、マーシャングリーン、アストロブルーの4色。閉じたときはヒンジの背中部分に「Samsung」のメーカーロゴが美しく表示されます。

FOLD
4色のカラバリ展開もうれしい。Samsungのロゴも誇らしげ

 まったく新しい概念のスマートフォンとなるGalaxy Fold。デモの動作もスムースで、ほぼ製品版と言える実機を目のあたりにすると日本市場への投入も期待したくなります。4月のグローバル発売に続き、日本にも夏モデルとして登場することを願いたいものです。

FOLD
日本登場に期待したい