アップルARマーケティング
iOS 11.3のARKit 1.5対応

 アップルは新たにAR関連のマーケティング責任者のポジションを設け、長年iPhoneに携わってきたフランク・カサノバ氏をこの職に当てた。

 カサノバ氏はおよそ30年間アップルで勤務し、初代iPhoneのリリースや、QuickTimeの開発などで重要な役割を果たしている。アップルが初めてAR関連のマーケティング責任者職を設けたことは、同社がARへの取り組みを重視していることの表れと見られるだろう。アップルの広報担当は、この点についてコメントを控えている。

 アップルは近年、AR/VRに関する取組を強化しており、2018年8月にはARディスプレーを開発するスタートアップAkonia Holographicsを買収。2020年にARヘッドセットを発売すると目されている。またモバイル機器向けには、AR機能ARKit 2.0をリリースしている。