サムスン電子は20日にサンフランシスコで「Unpacked 2019」を開催し、2019年最初となるフラッグシップスマートフォンを発表しました。2019年はサムスンの顔となった「Galaxy S」が誕生してから10年目。今回の新製品発表会は「Galaxy 10周年」を祝福するかのように、サプライズから始まりました。

サムスン
Unpacked 2019でGalaxy Foldを発表するDJ Kohプレジデント兼CEO

完全折りたたみ可能なGalaxy Foldは
特殊ヒンジを採用

 Unpaced 2019会場となった「ビル・グラハム公会堂」には「Galaxy」の文字と共に「10」の数字があちこちに表示されていました。10の意味は「10周年」、そして今回発表される新製品の名前が「Galaxy S10」であることを示唆しているのでしょう。2018年モデルが「Galaxy S9」であったことから、今回登場する製品は「Galaxy S10」であることは容易に想像できます。

サムスン
Unpacked 2019が開催されたビル・グラハム公会堂

 来場者の誰もが今回はGalaxy S10の発表会であると思い込んでいた中、Unpackedが始まり巨大スクリーンに映し出されたのは画面が折りたためる端末。そのギミックの映像に来場者全員が惹きつけられます。そして、映像の最後に「Galaxy Fold」とその製品名が発表されると驚きと期待から会場は大歓声に包みこまれました。

 Galaxy Foldは開くと7.3型の大型ディスプレー端末となり、閉じると外側に配置された4.3型ディスプレーを使うスマートフォンスタイルとなります。開閉は特殊なヒンジが採用され、ディスプレーを折り曲げてぴたりと閉じることが可能です。

サムスン
閉じても開いても使えるGalaxy Fold
サムスン
ディスプレーはヒンジにより折り曲げ可能

 また、2つのスタイルを有効利用するためにUIにも手が加えられています。閉じても開いても同じアプリをそのまま利用できるのはもちろん、開いた状態で2つのアプリを左右、または上下に表示できるだけではなく、そこにもう1つのウィンドウを開き、3つのアプリを同時に使うこともできます。大きい画面を有効利用できる優れたUIといえます。

 通信方式は4Gだけではなく5G対応モデルも登場予定。メモリーは12GB、内蔵ストレージが512GB、カメラは前後に合計6個を搭載します。バッテリーは2つを搭載し4380mAhとパワフル。スマートフォンとしてのスペックも最強です。

サムスン
開いた状態で3つのアプリを同時利用
サムスン
本体左右に2つのバッテリーを搭載

 そして会場が再び大きな歓声に包まれたのは価格が発表されたときです。Galaxy Foldは1980ドル(約22万円)、発売日は4月26日とアナウンスされました。これには驚きよりも「なるほど」「それな」という納得の声だったのでしょう。誰もが思わずうなり声をあげていたのです。

 Galaxy Foldの説明が終わると、サムスン電子 IT&モバイルコミュニケーション部門のプレジデント&CEO、DJ Koh氏が登壇。同社が「次世代のスマートフォン」を常に開発しながらスマートフォンユーザーを世界中に広げていった過去10年の歴史を振り返りました。そして今回、革新的なGalaxy Foldに加え新製品として「Galaxy S10」を発表したのです。

サムスン
Galaxy S10を発表するDJ Koh氏

3モデル展開となったGalaxy S10シリーズ

 10周年モデルとなるGalaxy S10には、大きな3つの特徴があります。それは

  • ディスプレー
  • カメラ
  • パフォーマンス

です。

サムスン
3つの特徴を持ったGalaxy S10

 ディスプレーはフロントカメラを埋め込んだ「Infinit O Display」を採用。さらに世界初の超音波式の指紋認証センサーを内蔵しています。光学式よりもセキュリティーが高まっているとのこと。また、世界初のHDR+再生に対応し、ブルーライトも従来比42%カットするなど長時間のコンテンツ利用にも優れたディスプレーとなっています。

サムスン
カメラはディスプレー埋め込み式になった
サムスン
世界初の超音波方式指紋認証センサー

 カメラは12メガピクセル・デュアルピクセル対応のテレとワイドに加え、新たに16メガピクセルのスーパーワイドカメラを搭載しています。今までならばパノラマモードで撮影していた風景も、このスーパーワイドを使えば簡単に広大な風景を写真に収めることも可能になります。

 AIは30種類の自動シーン判定に加え、撮影ミスを低減する撮影ガイド機能も搭載。カメラを向けて被写体が中央の正しい位置にくると自動でシャッターを切ってくれます。フロントカメラもGalaxy S10+では10メガピクセルと8メガピクセルのデュアルとなり、ポートレート撮影もより自然な仕上がりとなりました。

サムスン
より広いアングルを撮影できるスーパーワイドカメラを搭載
サムスン
撮影ガイドを使えば被写体が正しい位置に来ると自動でシャッターを切ってくれる

 パフォーマンスに関してはCPUの具体名は挙げられなかったものの、性能は前モデルより29%向上、GPU性能も37%アップしゲームユースにも適しています。さらにメモリーは12GBとついに10GBを超えてきました。そしてストレージは最上位モデルに1TB版を提供。マイクロSDカードは512GBまでに対応するので、ストレージの合計量量は最大1.5GBとなります。

 Galaxy S10の背面にはワイヤレス充電パッドが内蔵され、ワイヤレス充電対応のスマートフォンを充電できるワイヤレスパワーシェアに対応します。Galaxy S10のワイヤレス充電も従来比で36%高速化されるなど、充電環境がより強化されました。さらにネットワーク関係では世界初のWi-Fi 6にも対応しています。

サムスン
CPU/GPU性能も上がりゲーミングにも向いている
サムスン
他のワイヤレス充電端末を充電可能なワイヤレスパワーシェア

 6.4型ディスプレーに、リア3カメラ+フロント2カメラのGalaxy S10+は999ドル(約11万円)、6.1型ディスプレーにリア3カメラ+フロント1カメラのGalaxy S10は899ドル(約9万9000円)、そして5.8型ディスプレーにリア2カメラ+フロント1カメラのGalaxy S10eは749ドル(約8万3000円)。グローバルでは3月8日から発売です。

サムスン
価格は749ドルから999ドル

5Gモデルも登場、2019年は5G元年になる

 Galaxy S10を次世代通信システム「5G」に対応させた派生モデルとして「Galaxy S10 5G」も発表されました。5Gは「高速」「低遅延」「同時多接続」を実現し、まったく新しい通信環境を提供してくれます。すでにアメリカでは2018年9月からベライゾンがサービスを提供しており、韓国では同年12月から3キャリアが電波を飛ばしています。2019年にはより多くの国・キャリアが5Gサービスを開始する予定です。

サムスン
5G対応のGalaxy S10 5Gも発表された

 Galaxy S10 5Gはそれらのキャリアの5Gの普及を後押しする製品となります。採用を予定しているのはアメリカがベライゾンに加えてAT&T、T-Mobile、スプリントと4大キャリア全社。韓国もSKテレコム、KT、LG U+の3キャリア全社が取り扱います。他にはヨーロッパのドイツテレコム、EE、オレンジ、サンライズ、スイスコム、TIM、ボーダフォン、オーストラリアのTelestraとそうそうたる顔ぶれのキャリアからGalaxy S10 5Gが発売される予定です。

サムスン
Galaxy S10 5Gの発売予定キャリア

 Galaxy S10 5Gのスペックの多くはまだ未公開。ディスプレーサイズは6.7型とGalaxy S10+よりさらに大型になります。その分大型のバッテリーが搭載できるため、4500mAhと大容量。そして背面カメラはGalaxy S10/S10+と同じ3カメラに加え、3D深度測定カメラを加えた4カメラ構成になります。この3DカメラはARなどに活用可能です。

サムスン
Galaxy S10 5Gの詳細スペックはまだ未定

 今回の新製品発表会は一気に5つのモデルが登場しただけでも驚きでした。1機種は世界初の完全折りたたみ可能なディスプレーを搭載し、さらに5G対応モデルも2機種あるなど、10周年という一区切りを迎えたGalaxyシリーズの、「次の10年」のスタートを飾るにふさわしいラインナップが出てきました。このうち日本にはどの製品が投入されるのか、楽しみです。

サムスン
Unpacked 2019でDJ Koh氏は「次の10年」の入り口を見せてくれた