フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏Photo:iStock/gettyimages

 米フェイスブックが多くの人気アプリから、ユーザーが入力した極めてプライベートな情報をほぼ瞬時に収集していることが、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の調査で分かった。こうしたアプリは通常、特に明確な情報開示を行わないままデータを送っている。

 調査では、ユーザーがフェイスブックのアカウント経由でログインしていない、またはフェイスブックの利用者でなくても、同社のソフトウエアが多数のアプリから個人情報を収集していることが示された。

 多くのスマートフォンユーザーは、ダイエット願望や住宅購入の予算といった極めてプライベートな情報をアプリに入力する。アプリが体重、血圧、月経周期、妊娠の有無といった情報を把握していることもある。

 ただ多くの人が気がつかないところで、こうした情報は、他人であるフェイスブックとの間で共有されている。