サムスン電子につづき、ファーウェイからも折り曲げ可能なディスプレーを搭載し、しかも5Gに対応したスマートフォン「HUAWEI Mate X」が登場した。このHUAWEI Mate Xはどのような経緯で開発されたのか、また今後のスマートフォン事業の海外展開はどうなるのか。ファーウェイのコンシューマービジネスグループCEO、リチャード・ユー氏に話を聞いた。

11
5G時代のユーザー体験向上を考えて開発されたHUAWEI Mate X

5Gの性能を活かすには小さな画面では不十分
軽さと薄さのためにディスプレーが外側で曲がる構造を採用

――HUAWEI Mate Xはどのような経緯で開発されたのでしょうか?

ユーCEO(以下、同) 仕事でメールを使ったり、エンターテインメント用途に使用したり、そしてSNSに日々アクセスするなど、消費者がスマートフォンを使う時間は年々長くなっています。しかしスマートフォンを使う時間が長くなればなるほど、小さな画面への不満が高まります。ユーザーのスマートフォン体験を高めるために、画面サイズの限界を打ち破ることのできるまったく新しい製品を開発しようと考えたのです。

11
ファーウェイのコンシューマー製品について、グローバルで指揮を取るリチャード・ユー氏

 また5Gの商用化に目途がつき、間もなく誰もが5Gを使えるようになります。高速で低遅延という特性を持った5Gを使うには、画面の小さな端末ではそのメリットを十分味わうことはできません。かといって、(単純に)ディスプレーサイズを大きくしては持ちにくくなってしまいます。

 「大画面」「持ちやすい形状」、この相反する条件を実現するにはどうすればいいか、その結果がフォルダブル、折りたたみ型ディスプレーの採用だったのです。

――HUAWEI Mate Xのディスプレーの開き方は(ディスプレーが外側になる)山型ですが、他社は反対の谷型に折るディスプレーを採用しています。この開き方はどうして採用したのでしょうか?

 実は初期の開発時はどちらの形状もテストを行っていました。谷型に折り曲げるほうが技術的には容易ということもわかりました。しかし我々は山形を選んだのです。実は谷型の場合は、ディスプレーが熱くなり、その結果本体の重量も重くなってしまいます。それに対して山折りの場合は薄さと軽さを両立できます。しかもディスプレー面を大きく取れるうえに、カメラを1ヵ所にまとめることができるというメリットがあります。

Matex
ディスプレーが外側になって折れ曲がる仕組みを「Falcon Wing Design」と呼んでいる。これによって、ライバルより薄型で、しかも畳んだ状態でも大型の画面を利用できる点をアピールしている

――HUAWEI Mate Xの発売は5Gの商用化に合わせ、2019年半ばとのことです。4G版も開発しそちらを先に出すことは考えなかったのでしょうか?

 HUAWEI Mate Xの開発期間は約3年です。ただ画面を開けるスマートフォンとして開発したのではなく、生活の利便性を高めることのできる製品として進めました。たとえば、フォルダブル形状にしたのはバッテリーを左右に搭載することで容量を増やせる利点もあるからです。

 この開発の期間中に5Gの技術が進み、発売の時期と商用化のタイミングが一致しました。5G時代に4Gと同じデザインのスマートフォンでは消費者の興味を引き付けることもできません。5G時代には革新的な端末をぜひ出したいと考えたのです。

11
5Gの最高体験を味わえるのがHUAWEI Mate Xのメリットだ

 5Gは帯域幅が広がることで、高精細な動画もストリーミングで見ることができます。そんな5Gの価値を味わえる製品としてもHUAWEI Mate Xを開発しました。

 そのため今すぐに4G版として発売するのではなく、まずは5G端末として安定して使えるようにチューニングを進め、5Gのネットワーク環境下で5Gまたは4G端末として使っていただきたいと考えています。

世界シェア1位になる自信もある
スマホでのイノベーションはまだまだ不十分

――5Gスマートフォンはオープンマーケットよりもキャリアからの販売が増えると思うのですが、各国のキャリアとはどのように協業されるのでしょうか? また端末のセキュリティー面はどのように対応されているのでしょうか?

 世界各国の通信キャリアとHUAWEI Mate Xの販売に関して話をしています。米国市場は今のところ入れていないのですが、他の国では弊社製品の安定性は業界で最も高いと評価されています。また端末のセキュリティー面で懸念の声が聞かれますが、いかなる政府の要請からもそれを受けないことを製品開発のポリシーにしています。米国の場合は企業にバックドアの設置を要求することがあるようですが、弊社は創業以来30年間、バックドアの設置などは一切行なっていません。

――スマートフォンの販売で一時的に世界シェア2位になりました。今後1位に向けてどのような戦略を考えているのでしょうか?

 スマートフォンの販売はまだまだグローバル市場で伸びしろがあると考えています。またスマートフォンだけではなく、ノートPCやIoT、ウェアラブル製品なども成長が期待できるため、今後はスマートフォン以外の製品も強化していきたいと考えています。またアップルの製品は単価が高いことで、高い売り上げをあげています。弊社としてもその部分を攻めることも検討しています。

――世界シェア1位になる自信はありますか?

 サムスンをいずれ超える自信はあります。弊社は総合的な通信企業であり、チップセットや5Gモデムなども開発しています。そして長年端末事業を展開してきたことから、製品設計の経験も持っています。ライカとの協業でカメラの性能も十分高いと思います。そしてバッテリーの持ち時間や充電速度の速さも業界のトップクラスだと思います。

――カメラ、ディスプレーでスマートフォンにイノベーションを起こしました。この次はどのようなイノベーションを起こそうと考えているのでしょうか?

 ディスプレー性能やバッテリー充電時間など、まだまだスマートフォンの技術革新はこれからも進めていかなくてはなりません。CPUの処理性能も高める必要もありますし、モバイルゲーム市場の成長に合わせてゲームユーザー向けの機能強化も必要となります。その一方では防水への対応や、スマートフォンを落としてしまったときに容易に壊れなくするなど耐久性を高める必要もあります。消費者がスマートフォンを使う時間はこれからも長くなっていきますから、あらゆる技術の向上が必要だと考えています。

――ありがとうございました