中国のスマートフォンメーカーのNubia(ヌビア)が、MWC19で腕時計型のスマートフォンを発表しました。製品名は「Nubia α(ヌビア アルファ)」。中国と世界各国で販売される予定です。

11
腕時計型のスマートフォン、Nuiba αがMWCで発表されました

縦長の4型画面を搭載した腕時計型スマホ!?
独自のアプリストアも用意される予定

 Nubia αは4型(960×192)のタッチ対応ディスプレーを搭載した端末です。チップセットはクアルコムのSnapdragon 2100、メモリーは1GB、ストレージは8GB。バッテリーの容量は500mAhで、約2日間使用できます。本体カラーはブラックと18金を使ったゴールドの2色があります。

11
本体は黒とゴールドの2色。ゴールドは18金とのこと

 スマートウォッチのように見えますが、Nuiba α単体で電話を掛けたりネットにアクセスできる「eSIM」搭載モデルも予定されており、スマートフォンのように単体で使うことができます。なおアプリストアは現在はありませんが、今後Nubia α用の専用アプリストアも提供されるそうです。

11
スマートウォッチのように見えますが、機能としてはスマートフォンとほぼ同じです

 ホーム画面では時計が表示されます。時計の上下にはアプリのショートカットアイコンが並んでいるので、アプリの一覧やメニュー画面を呼び出す必要がありません。

 また、ディスプレーの中央に表示されている時計を、ディスプレーの上側、または下側にずらして表示することができます。たとえば時計を下側にずらすと、下の写真のようにショートカットアイコンをディスプレーの中央に出しておくことができます。

11
時計の上側にはアプリのショートカットアイコンが並んでいます

 UIは画面を指先で左右にスワイプすることで、アプリ一覧メニューに切り替わります。アプリの一覧は「グリーン」「オレンジ」「ブルー」とアイコンの色でグループが分かれています。たとえばグリーンには「通話」「カメラ」「ギャラリー」「メッセージ」などのアイコンがまとめられています。

 本体の正面に500万画素のカメラがあります。装着した腕を上げて顔に向ければ簡単にセルフィーを撮ることができます。

11
アイコンは縦に並びます。この画面は「ブルー」のアイコンが並んでいます。画面を左右にスワイプすると、「グリーン」「オレンジ」「ホーム」と切り替わっていきます

 このNubia αにはハンドジェスチャーで操作する「A.I.M」(Air Interaction Mechanics)が搭載されています。カメラの上で指先を動かすだけで、画面に触れずに操作できます。指先を左右に動かせば画面の左右スワイプと同じ操作になり、上下に動かすと同様に画面が上下に動きます。そして指先をつまむような形にすると「戻る」です。

11
A.I.Mを使ってみました。指先を画面の上で左右に動かすと、画面が切り替わります
11
画面が狭く画面にタッチすると指で隠れてしまいため、ハンドジェスチャーがとても便利です

 本体のサイズと重量はまだ未公開です。腕に着けてみると少し厚みがあり、重さも感じられます。でも4型の大きい画面を使えるメリットも高いので、現在販売されているスマートウォッチでは物足りないと感じている人には試してみる価値があるでしょう。価格は黒のBluetoothモデルが449ユーロ(約5万7000円)、黒のeSIMモデルが549ユーロ(約6万9000円)、ゴールドモデルが649ユーロ(約8万2000円)です。中国で先に発売され、欧米は今年後半からになります。

11
サイズは女性の腕にはちょっと大きいと感じました
11
でも、4型の大きいディスプレーが便利です!